シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】5年連続で東京都スポーツ推進企業に認定

あいおいニッセイ同和損保は、「明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする『特色ある個性豊かな会社』」を目指し、全社を挙げて障がい者スポーツ支援に取り組んでおり、業界で初めて5年連続となる東京都スポーツ推進企業※へ認定された。
1.背景
同社は、2006年に(一社)日本車椅子バスケットボール連盟日本代表の公式スポンサーを締結し、以来、2014年に(公財)日本障がい者スポーツ協会の公式パートナー契約を締結、2016年に(一社)日本身体障がい者水泳連盟のオフィシャルスポンサー契約を締結する等、障がい者スポーツ支援に取り組んできた。
また、2019年度4月にはプロランナー川内優輝選手と所属契約を締結し、マラソンを通じて日本全国を盛り上げ、地域貢献につなげようという川内選手と同社が共同で取り組む全国行脚プロジェクト「マラソンキャラバン」を新たに開始した。
全国各地で「観て、感じて、考える」をスローガンとした社員による大会応援を開催し、その活動を通じて得た多くの知見を、現在の取り組みにつなげている。
2.主な取り組み内容
同社は、障がい者スポーツ支援や社員参加のスポーツ活動、社内健康増進の取り組みなど、支援部門44取り組み、実践部門5取り組みを申請した。とりわけ、評価の高かった支援部門の主な取り組みは以下の通りとなる。
【新規】①プロランナー川内優輝選手への支援(所属契約)
②「マラソンキャラバン」を通じた地域貢献
③アスリート雇用の評価指標の新設
④所属オリパラ選手の相互交流および社員との交流
⑤海外現地法人によるパラスポーツ支援
⑥企業トップによる国際大会への応援取り組み
⑦TT彩たま(卓球)への支援活動
⑧東京都教員向け「障がい者スポーツカリキュラム」の実施
⑨中学校修学旅行カリキュラム所属パラアスリートとの交流
【継続】①「アスリート雇用」(障がい者選手14名、健常者選手5名)※11月30日現在
②全国での「スポーツ大会への社員応援」の実施
③全国での「スポーツ大会での運営ボランティア」の実施
④所属アスリートによる「自治体での障がい者スポーツと共生社会の理解活動」
⑤所属アスリートの教育を狙いとした「アスリート研修会」の実施
⑥上智大学での「提携講座(障がい者スポーツ関連科目)」の設置
ほか全35取り組み
なお、同社の障がい者スポーツ支援の取り組みについては、障がい者スポーツ支援webサイト「ADChallengeSupport」にて閲覧できる。
今後も全国であらゆる障がい者スポーツ支援の取り組みを行っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、「ソニー生命カップ第44回全国レディーステニス大会」に協賛

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

生保

SBI生命、第6回「提案募集」の受賞者発表~大賞は「ペット信託付きの生命保険に関するアイデア」

生保

SBI生命「HDI認定チームアワード」を受賞

生保

生保文化センター、2022年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

損保

AIG損保、事業継続に関する表彰「BCAOアワード2021」で大賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、火災保険の事故データとSNSビッグデータの分析で、地域の自然災害リスクを調査する実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

三井住友海上、「第106回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

関連商品