シンニチ保険WEB

MS&ADインターリスク総研、ルシデウス社との中小企業向けサイバー診断サービス共同研究・開発

MS&ADインターリスク総研は、Lucideus Inc.(以下「ルシデウス社」)と協業し、中小企業を対象としたサイバー診断サービスの共同研究・開発を開始する。
本サイバー診断サービスは、ルシデウス社が有するSAFE(Security Assessment Framework for Enterprise)Assureと呼ばれるフレームワークをベースとしたセキュリティ診断方法で、小規模事業者から、中堅・大規模事業者までを診断することが可能な、日本語にも対応したサービスである。
1.中小企業向けサイバー診断サービス共同研究・開発の概要
(1)ルシデウス社との共同研究・開発
ビジネス活動において、パソコンやタブレット、クラウドサービスなどのITを活用しているものの、自組織のサイバーセキュリティリスクを把握・診断することが難しい小規模事業者や中堅企業を対象とし、簡易かつ低コストな方式による診断を実現するためのサービス開発に向けた共同研究を行う。
(2)ルシデウス社の概要
2012年にインド・ボンベイにてサイバーセキュリティのサービス事業者として創業し、2016年にSAFEのサービス提供を開始した。2018年に米国へ本格進出し、2019年に本社をカリフォルニア州パロアルトに移転している。2018年にシスコ(CISCO)社・元社長のJohn Chambers(ジョン・チェンバース)氏が運営するファンド(JC2 Ventures)から出資を受け、また2019年4月にはMS&ADインシュアランスグループのMS&ADベンチャーズ社も出資している。
(3)研究開発するサービスの提供
研究開発する「中小企業向けの診断サービス」については、MS&ADインターリスク総研が愛知県で受託している「中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業」(独立行政法人情報処理推進機構(IPA)実施)において、参加企業へのパイロット試験を実施し、2020年4月以降のサービス導入を目指し、中小企業が簡易にサイバーセキュリティ診断を行えるサービスメニューを開発する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、新居浜地域スマートシティ推進協議会における交通事故発生リスクのAI予測等に関する実証実験

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、サプライチェーン攻撃対策の包括的支援メニューを提供開始

損保

三井住友海上、MS&ADインターリスク総研、「気象・災害データ×AI」による新たな防災・減災支援システムを提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

三井住友海上、洋上風力発電設備の損害予防サービスの事業化研究開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、先進気象データを活用した防災・減災サービスの共同開発を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、東京都臨海副都心エリアにおける自動運転技術を活用したモビリティサービス実証実験に参画

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、航空写真を活用した防災・減災、保険金支払早期化に向けた業務提携を基本合意

損保

あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、【国内先行事例】「都心部の公道・営業ルート」における営業型路線バスの自動運転実証実験に参画

損保

あいおいニッセイ同和損保、2025年大阪・関西万博での次世代都市交通システムの実用化を目指した実証実験に参画

関連商品