シンニチ保険WEB

ジェイアイ傷害火災、住宅用火災保険の代理店業務を完全ペーパーレス化 代理店向け新システム「iehoパートナーWEB」をリリース

ジェイアイ傷害火災は、Instech(保険とテクノロジーの融合)における展開の一環として、補償選択型住宅用火災保険「iehoいえほ」(以下「iehoいえほ」)の代理店向け新システム「iehoパートナーWEB」をリリースした。お客様への見積り案内から申込みまでが完全ペーパーレスとなり、不動産事業者をはじめとした代理店の保険業務負荷を削減する。
■「iehoいえほ」とは
「iehoいえほ」は、同社が2018年3月から販売を開始したインターネット専用の住宅用火災保険である。完全ペーパーレスの仕組みと築年数に応じた保険料体系で、割安な保険料を実現した。さらに、必要な補償を選べる補償選択型のため、お客様それぞれのニーズに合わせた加入が可能となっている。
■「iehoパートナーWEB」の仕組み
代理店が「iehoパートナーWEB」にお客様の建物情報を入力し必要書類をアップロードすると、お客様にメールまたはSMSで申込サイトURLが送信される。お客様は申込サイトで、代理店が事前に入力した情報に基づく見積りの確認、申込手続きが行える。
■「iehoいえほパートナーWEB」を利用するメリット
ペーパーレス化で保険募集の業務負荷を削減
ペーパーレス化により、お客様からの申込書の取り付けや保険会社への郵送、保険料の領収等が不要となり、新規保険募集の業務負荷が大幅に削減される。
・契約成立後の保険業務負荷はゼロ
契約内容変更や満期更新等、契約後に発生する手続きは、お客様のマイページから行ってもらうので、代理店の業務負荷はゼロとなる。
特に、不動産事業者の場合は、これまで保険業務にかかっていた多くの時間を省略し、本業に充てることが可能となる。
・本件に関する問合せ
mail:wmk@jihoken.co.jp  tell:03-6634-4359
・「iehoいえほ」ホームページ:https://www.jihoken.co.jp/kasai/ih/
・同社ホームページ:https://www.jihoken.co.jp/
同社は、保険とインターネットを結びつけることで、これまでの保険のかたちにこだわらない、新しい商品・システムの開発を進めていく。そして、お客様や代理店の幅広いニーズに応し、より多くの人々の安心と信頼を得られるよう今後も努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、AIを活用した火災保険における不正請求の早期検知の取組みを開始

生保

明治安田生命、自動音声対話エンジン導入による請求受付を自動化

損保

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

生保

SOMPOひまわり生命、給付金請求に「AI自動音声応答サービス」を導入

損保

ジェイアイ傷害火災、ダイレクト火災保険、「iehoいえほ」 日経トレンディ「保険大賞2022」火災保険部門で大賞を受賞

損保

イーデザイン損保、お客さまの声を分類するAIにより、リードタイムを半減

生保

日本生命、オンライン本人確認(eKYC)を活用したインターネット手続を開始

生保

明治安田生命、社用スマートフォンへのQ&A検索アプリ「MYナレッジ」を導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、チャットボットによる携行品損害保険金請求サービスを開始

損保

東京海上日動、自動車保険Web請求完結システムを導入

関連商品