新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、中小企業のユニフォームだけを使用したファッションマガジンを限定発行

エヌエヌ生命は、平成最後の勤労感謝の日(金・祝)にオリジナルのファッションマガジン「NN CHUSHOU UNIFORMS」を限定発行する。エヌエヌ生命は、中小企業10社の協力のもと、各社のユニフォーム(仕事着)をデザイン性の観点からデフォルメしファッションマガジンのような趣向で製作することで、主に若年層の中小企業に対する興味喚起を図る。
 誌面の写真は広告・ファッション等の写真を手がける内川聡氏が手がけたもので、協力各社の誇り・魅力および伝統を生み出す象徴として、実際のユニフォームに焦点をあて、写真として最大限美しく表現したものとなっている。
 エヌエヌ生命は、中小企業サポーターとして、様々な形で中小企業とその経営者が抱える課題や事業の魅力などを伝えている。また、全国の中小企業経営者を独自に取材し、経営に対する考えや困難を乗り越えたストーリーを動画にまとめた「経営の数だけ答えがある」のシリーズなどの施策を通じて、企業経営や事業承継などに対する理解の促進を図っている。今回の
ファッションマガジンの企画はこうしたエヌエヌ生命の取り組みに賛同する幅広い業種の中小企業10社の協力を得て実現したものである。
 「NN CHUSHOU UNIFORMS」は11月23日より東京・八重洲ブックセンター本店2階特設コーナーで本誌を限定無料配布するほか、期間限定で特設サイト(URL: https://nn-chushouuniforms.jp/)を開設する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

大同生命、中小企業の2023年の振り返りアンケート~課題解決は進展するも道半ば

生保

エヌエヌ生命、「トップ・エンプロイヤー・ジャパン2024(TopEmployerJapan2024)」に認定

生損

アクサ・ホールディングス・ジャパン、「令和6年能登半島地震」の被害に対する義捐金等の寄付

生保

大同生命、「人材採用・育成支援サービス」の提供開始

生保

エヌエヌ生命、「令和6年能登半島地震」の被害に対する義援金の寄付およびボランティア活動推進のための同社従業員の勤務取り扱い変更

生保

大同生命、従業員の「がん検診受診率」は46%に上昇

損保

損保協会、中小企業の4社に1社以上が「実際に何らかの被害を受けた」と回答

生保

エヌエヌ生命、中小企業経営者の事業承継と相続に関する調査

関連商品