シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットと暮らした子ども、”感受性が豊かになる”が約半数

アイペット損保は、子どもの日に合わせて、子どもが小学校を卒業するまでに犬・猫(以下「ペット」)と暮らした経験を持つ1,115人を対象に、ペットとの暮らしが子どもに与える影響を調査した。
日本の15歳未満の子どもの数は1,571万人である一方(出典:総務省統計局ホームページ)、ペットの飼育頭数は1,844万頭(出典:一般社団法人ペットフード協会「2017年全国犬猫飼育実態調査」)と、ペットの数が子どもの数を上回っている。調査の結果、ペットと暮らした子どもは、感受性が豊かになるということが伺える。
●調査結果
・ペットの存在、子どもにとっては「兄弟・姉妹」、親にとっては「子ども」が1位
・ペットと暮らす時の不安、「子どもに動物アレルギーやぜんそくの症状が出ないか」が1位
・ペットのお世話、「ごはんをあげる」が63.2%
・ペットが子どもに与えた影響、「感受性が豊かになった」が45.0%
・ペットとの暮らしで気をつけたこと、「かかりつけの動物病院を持って健康管理をする」が1位

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2021を発表

損保

アイペット損保、新型コロナウイルスワクチン接種時の特別有給休暇制度を導入

損保

アイペット損保、「新規お申込みキャンペーン第3弾」を開始

損保

アイペット損保、代表取締役の異動および、役員等の異動を発表

損保

アイペット損保、うちの子HAPPY PROJECT第7弾『ハッピーシニアライフへの備え』公開

損保

アイペット損保とセゾン自動車火災保険、代理店委託契約締結

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査

損保

アイペット損保、西日本営業部の再編、「静岡営業所」の支店昇格

損保

アイペット損保、「第7回 ワン!にゃん!かるた」投稿キャンペーン結果発表

損保

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査を実施

関連商品