新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アイペット損保がペットの名前に関する調査を実施

アイペット損保は、2017年4月1日~2018年3月31日に同社のペット保険に申し込んだペットの名前の集計した。その結果、2017年度は犬は「マロン」、猫は「レオ」が1位となった。
■調査結果1.総合名前ランキング
2017年度に当社のペット保険に申し込んだ0歳の犬・猫(性別不問)毎に名前を集計したところ、犬は「マロン」、猫は「レオ」が1位となった。また、犬に特徴的な名前は、「チョコ」「モコ」「モカ」「さくら」だった。一方、猫に特徴的な名前は「まる」「むぎ」「ゆず」「ルナ」となった。
■調査結果2.犬の名前ランキング
犬の名前を性別毎に集計したところ、男の子は「レオ」、女の子は「ココ」が1位と2016年度と同様の結果になった。2017年度に新たに10位以内に入った名前は、男の子は「小太郎」(2015年度に9位にランクイン)、女の子は「あずき」となった。ちなみに、10位以内では男の子の名前に多い「空」「小太郎」が漢字表記となった。
■調査結果3.猫の名前ランキング
猫の名前を性別毎に集計したところ、男の子は「レオ」、女の子は「もも」と2016年度と同様の結果になった。2017年度に新たに10位以内に入った名前は、男の子は「むぎ」「きなこ」(2015年度に9位にランクイン)「空」、女の子は「ゆず」(2015年度に6位にランクイン)「あずき」「ベル」となった。ちなみに、10位以内では男の子の名前に多い「空」と「福」が漢字表記となった。
■調査結果4.犬種別、名前ランキング
同社で契約件数の多いチワワ、トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンド、柴犬の名前を犬種ごとに集計した。チワワは「マロン」、トイ・プードルは「モコ」、ミニチュア・ダックスフンドは「チョコ」、柴犬は「さくら」が1位であった。特に柴犬では、他の犬種にはない「はな」「まめ」「まる」「小太郎」「こむぎ」といった名前が好まれ、カタカナ表記の名前が上位10位内に入っていなかった。なお、総合名前ランキングで1位だった「マロン」は、柴犬以外の3犬種で上位3位以内に入った。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、設立20周年で新規申込みキャンペーン

損保

アイペット損保、ペットと楽しむイベントに関する調査を実施

損保

東京海上日動、GIGAスクール端末の適切な使用に向けたユーザー調査結果を公表

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

損保

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査を実施

損保

アイペット損保、「ペット保険 スプリングキャンペーン」開始

損保

アイペット損保、人気飼育犬種・猫種ランキング2023を発表

損保

アイペット損保、ペットを理由とした休暇の取得状況に関する調査を実施

損保

アイペット損保、「保有契約件数まもなく85万件突破キャンペーン」開始

損保

アイペット損保、「うちの子フォトコンテスト2023」投稿キャンペーン結果発表

関連商品