シンニチ保険WEB

アイペット損保が「ペットにかける年間支出に関する調査」を実施

アイペット損保は、犬・猫(以下、「ペット」)飼育者を対象に、ペット関連支出に関するアンケート調査を実施した。
昨年と同様、ペットを飼育して想定以上にかかった支出項目は、犬飼育者と猫飼育者共に「病気やケガの治療費」が昨年と同様に約半数近くいることが分かった。また、昨年は犬飼育者の方が猫飼育者と比べて年間支出額は高額になる傾向が見られたが、今年は犬飼育者と猫飼育者が共に「5万円未満」が最多で並ぶ結果となった。
■調査結果
1.2017年のペット関連支出において、犬飼育者と猫飼育者共に「5万円未満」が最多
2017年のペット関連支出において、犬飼育者と猫飼育者共に「5万円未満」が最多という結果になりました。ただし、犬飼育者は、「5万円未満」は29.7%、次に「5万円以上~10万円未満」が26.7%とわずかな差となりました。一方で猫飼育者は「5万円未満」は43.2%、次に「5万円以上~10万円未満」が27.7%と犬飼育者と比べ、差を広げる結果となった。
2.2018年のペット関連支出の見込みは、「変わらなさそう」という回答が犬飼育者は49.7%、猫飼育者は57.8%
続いて、2018年の見込みについて聞いたところ、「変わらなさそう」という回答が犬飼育者は49.7%、猫飼育者は57.8%という結果になった。また、「増えそう」と答えた犬飼育者は31.9%、猫飼育者は21.7%となり、猫飼育者に比べ、犬飼育者の方が多いことがわかった。
3.2018年、ペット関連の支出において、1番増えそうなのは犬飼育者と猫飼育者共に「病気やケガの治療費」
2018年ペット関連支出が「増えそう」と答えた方に、何の支出項目が増えそうか聞いたところ、犬飼育者と猫飼育者共に「病気やケガの治療費」という回答が最多となった。
その理由を聞いたところ、「高齢になるので病院に行く回数が増えそう(46歳・女性)」や「高齢になってきたので健康に気をつけてあげたいから(42歳・男性)」といったペットが高齢になり、病気を気にする声が多く見られた。その他には、すでに治療中の病気があることを理由とする「犬が病気で毎月高額の薬代がかかるため(41歳・男性)」や「アトピー持ちのため(59歳・女性)」といった声があった。
4.ペットを飼育して、想定以上にお金がかかったのは、犬飼育者と猫飼育者共に「病気やケガの治療費」
ペット関連の支出において、想定以上にお金がかかったのは、「病気やケガの治療費」が最多となった。犬飼育者が43.7%、猫飼育者は44.1%と半数近くを占める結果となった。
想定以上にかかった理由を聞いたところ、「想像以上に病気、ケガが多かった(28歳・女性)」や「飼育している犬に悪性リンパ腫が見つかり、抗がん剤治療で数ヶ月通ったため。(32歳・女性)」といった、不測の事態をあげる回答が多く見られた。
今回の調査から、ペットを飼育して想定以上にお金がかかったのは、「病気やケガの治療費」という回答が最多の結果となった。
【調査概要】
・調査対象:全国の犬・猫飼育者
・調査人数:男女863名
・調査期間:2017年12月7日
・調査方法:インターネットによるアンケート(複数回答可)を実施

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、SMSを利用したオンラインでの口座振替受付サービス開始

損保

アイペット損保、まもなく保有契約件数75万件突破大感謝キャンペーンを実施

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を発表

損保

アイペット損保、うちの子おうちの医療事典』を公開

損保

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査

損保

アイペット損保、「ペットと共に健やかに ハートフルキャンペーン第2弾」を開始

損保

アイペット損保、「ペットと共に健やかに ハートフルキャンペーン」開始

損保

アイペット損保、保有契約件数70万件突破!ありがとうキャンペーンを延長

損保

アイペット損保、第24回企業電話応対コンテストにて「優秀賞」を受賞

損保

アイペット損保、まもなく保有契約件数70万件突破!ありがとうキャンペーン」開始

関連商品