シンニチ保険WEB

アクサ損保の新社長にハンス・ブランケン氏が就任

アクサ損保では、6月29日に開催した株主総会ならびに取締役会において、代表取締役社長兼CEOとして、藤井靖之氏が退任し、ハンス・ブランケン氏が就任した。
就任にあたり、ブランケン代表取締役社長兼CEOは以下のようにコメントした。
「藤井氏は、2010年から7年にわたり、代表取締役社長兼CEOとしてアクサ損害保険を利益ある成長へと導き、強いブランドを構築した。その多大なる貢献と成果に、心から敬意と感謝の意を表する。アクサ損保は、急速に変化するビジネス環境に適応し、お客さまに最適なサービス・ソリューションを提供できるように、トランスフォーメーション(変革)を加速していく。保険を通じてお客さまの人生を守り、お客さまの人生をより充実したものにするという企業目的を果たすために、これからも進化を続けていく」

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、データサイエンティストの育成・採用を強化

損保

アクサ損保、経済産業省による「革新的データ産業活用計画」の認定を取得

生保

太陽生命、機構改革・人事異動を発表

生保

メットライフ生命、長崎本社への名称変更と人事異動を発表

損保

アクサ損保、2018年度決算を発表

生保

ジブラルタ生命、機構改革および人事異動を発表

生保

アフラック生命、組織変更及び人事異動を発表

損保

アクサ損保、「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を改定、「お客さまからの評価」結果を公表

損保

東京海上ホールディングス、新たな人事制度を導入

生保

住友生命、人事異動をを発表