新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ損保、法人向け「アクサダイレクト総合自動車保険」を販売

アクサ損保(以下「アクサダイレクト」)は5月15日から、初めて法人向けに「アクサダイレクト総合自動車保険」を販売する。
本商品は法人のお客さまのビジネスを最大限サポートできるよう、現在販売している個人向け自動車保険のノウハウを活用しながら、法人のお客さまに特化した安心の事故対応と充実のサポート体制を、合理的な保険料で提供するものである。所有かつ使用する車の総契約台数が9台以下の「ノンフリート契約」を対象としており、中小企業のお客さまを中心に、幅広いリスクに備えてられる。
万が一の事故対応は、交渉から支払いに至るまで専任担当者が一貫して行う。契約は、24時間オンラインでのお申込みに加えて、法人の専用ダイヤルを用意しており、オペレーターがニーズに合わせた補償プランを作成する。万が一車に大きな損害が生じた際には、新車と同等の金額を保険金として受け取れる「車両新価特約」を付けられるほか、「臨時代替自動車補償特約」が自動セットのため、事故車両を修理中の代車でも、契約の車と同じ補償を受けることが可能。さらに、経営者が抱えるさまざまな悩みの解決を手助けする「専門家相談サービス」や、希望に応じて、グループ会社アクサ生命の『健康経営アクサ式』の紹介など、法人のニーズに応える充実の補償とサービスを提供する。
【商品の特長】
・事故解決まで専任担当者が親身に対応
事故対応は、専任担当者が交渉から支払いまでを一貫して行う。事故経過報告の連絡は、お客さまの不明点にその場で答える電話、忙しい仕事の合間にも確認できるメール、事故の進捗状況をお知らせするSMS、必要に応じて訪問面談など、お客さまの要望に合わせて対応する。
また、事故受付の際、お客さまに代わって事故の相手方と直接話す「電話交代サービス」や、事故の相手方からの連絡にお困りの場合に、お客さまに代わって直接相手方に折り返しお電話をする「電話おまかせサービス」を提供する。
・法人のお客さまのニーズに応えるプロによる補償選びのサポートと経営を支援するサービス
1)補償選びを保険のプロが無料でサポート
法人のお客さま専用ダイヤルでは、法人のお客さまに特化した専任オペレーターが要望に沿った補償プランを作成する。
商品ラインナップの一例
「車両新価特約」
「臨時代替自動車補償特約」
「レンタカー費用補償特約」
2)専門家相談サービスの提供
経営者が抱えるさまざまな悩みの解決を手助けする、法人の代表者、役員および従業員向けの「専門家相談サービス」を提供する。「人事/労務のお悩み」「財務/税金のお悩み」「法律のお悩み」など、専門家が適切なアドバイスを行う。弁護士・税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士等への相談リクエスト・初回30分程度の相談が無料である。
3)『健康経営アクサ式』の紹介
希望に応じて、グループ会社アクサ生命の『健康経営アクサ式』を紹介する。「健康経営(R)」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に実践する取り組みである。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことで、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上を目指す。『健康経営アクサ式』では、健康経営を単なる健康管理や健康増進の取り組みで終わらせず、企業を支える従業員の皆さまひとり一人に、ライフマネジメント(R)を主体的に捉えてもらい、健康でいることが人生の目標を実現するための手段と意識してもらうことを重視している。アクサでは、従業員の皆さまがワーク・エンゲージメントを高め、活き活きと働ける環境が整ってこそ、企業の永続的な発展が実現すると考えている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、保有契約件数が90万件を突破

損保

楽天損保、「1日保険シリーズ」を販売終了

生保

T&Dフィナンシャル生命、スルガ銀行で『やさしい円ねんきん』の販売を開始

損保

三井ダイレクト損保、「強くてやさしいクルマの保険」「強くてやさしいバイクの保険」を改定

生保

東京海上日動あんしん生命、新商品「特定疾病・障害・介護保障定期保険『あんしんプレミアム定期』」を発売

生保

メディケア生命、限定告知型医療終身保険(無解約返戻金型)(24)「新メディフィットRe」を発売

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『指定通貨建終身保険』、『指定通貨建特別終身保険』を改定し、販売開始

関連商品