シンニチ保険WEB

フランスベッド、認知症外出通報システムに個人賠償責任保険を付帯

 フランスベッドは、2015年12月から発売している徘徊感知器「認知症外出通報システム おでかけキャッチ WS-01」のレンタル利用者を対象とした個人賠償責任保険付帯サービスを、11月15日から開始する。
 同商品は、認知症の人の徘徊を感知し、家族や介護者に音と光と画面表示で知らせる徘徊感知器で、玄関などに設置した本体セットが、認証キーを持たない認知症の人が通過すると人感センサーが反応し、キッチンや居間などで過ごす家族に受信機を通じて知らせる。一方、認証キーを持つ家族や介護者が通過すると通知機能を働かせない仕組みとなっている。利用者は何も身に付けなくてよいため、ストレスを感じることなく、普段通りに過ごすことができる。
 今回の個人賠償責任保険付帯サービスでは、被保険者が外出中、「誤って商品を壊してしまった」などの偶然な事故により法律上の損害賠償責任を負う場合に最大1億円の保険金が支払われる。要介護者の万一の損害賠償責任をはじめ、同居・別居問わず監督義務者になり得る家族の損害賠償リスクを補償する。なお、同商品の一般レンタル価格(税込)は8640円からとなっている。
◆個人賠償責任保険付帯サービスの概要
▽補償の概要
【保険金を支払う主な場合】
 国内外において以下のような事故により、他人にケガ等をさせたり、他人の財物を壊して法律上の損害賠償責任を負う場合、1事故について保険金額を限度に保険金を支払う。
〇日常生活に起因する偶然な事故。
〇保険の対象となる人(本人)が居住に使用する住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故。
【事故事例】
〇被保険者が外出中、認知症を発症し線路内に侵入、電車を緊急停車させたため、鉄道会社より運行遅延の損害賠償請求を受けた。
〇被保険者が買い物中、誤って商品を壊してしまった。
▽保険の対象となる人(被保険者)
 「認知症外出通報システム おでかけキャッチ WS-01」のレンタル利用者(本人)
▽保険の対象となる人(被保険者)の範囲
 「認知症外出通報システム おでかけキャッチ WS-01」のレンタル利用者(本人)およびその監督義務者等
▽保険金額
 1億円
▽保険料
 全額フランスベッド負担

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、株式会社MCBIとの共同研究で、「歩行・思考・会話」する長期の活動が認知症リスクの低下につながる可能性を確認

生保

太陽生命、「認知症保険」の累計販売件数が80万を突破

生保

フコクしんらい生命、Withコロナでの「認知症予防セミナー」2年ぶりに奈良県天理市で開催

損保

SOMPOホールディングス、テレビCM「SOMPO認知症サポートプログラム『自転車』篇」が第51回フジサンケイグループ広告大賞「パブリック部門テレビ優秀賞」受賞

生保

太陽生命、「MCIスクリーニング検査プラス」を提供開始

生保

太陽生命、日本認知症官民協議会が主催する「認知症バリアフリー宣言試行事業」へ参加

生保

住友生命、「認知症バリアフリー宣言」を公表

損保

損保ジャパン、認知症バリアフリー宣言を策定

生保

日本生命、「認知症バリアフリー宣言」を公表

生保

日本生命、「保険契約者代理制度」を導入

関連商品