新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、殿堂入り企業として、東京都スポーツ推進モデル企業表彰式でスポーツ振興取り組みがモデル事例として紹介

あいおいニッセイ同和損保は、従業員のスポーツ促進やスポーツ支援に積極的に取り組む企業を東京都が表彰する「東京都スポーツ推進企業認定制度」の殿堂入り企業※として、3月6日に開催された令和5年度東京都スポーツ推進モデル企業表彰式にて、スポーツに関する同社取り組みがモデル事例として紹介された。
1.背景
同社は、スポーツ振興を通じた地方創生や多様性に関する社員の学びを深めること等を目的に、2015年より障がい者アスリートの採用を開始した。以降、競技関連団体とのオフィシャルスポンサー契約の締結やアスリート雇用、社員による大会応援、地方公共団体との連携によるスポーツを通じた地域貢献など、スポーツ支援に積極的に取り組んでいる。
こうした取り組みが評価され、5年度連続で、「東京都スポーツ推進企業認定制度」にて「東京都スポーツ推進モデル企業」の認定を受け、2020年に殿堂入り企業の認定を受けている。
同社は、殿堂入り後もスポーツ振興を通じた取り組みが評価され、表彰式にて同社取り組みが毎年紹介されている。今般開催された、令和5年度東京都スポーツ推進モデル企業表彰式においても、同社のスポーツに関する取り組みがモデル事例として紹介された。
2.紹介された2023年度の取り組み
①日本代表に選出された所属アスリートを海外現地法人の社員が応援
・所属アスリート10名が日本代表として国際大会に出場し、現地法人の社員が選手たちの応援を実施。(タイ、オーストラリア、中国)
②新入社員研修にて1日スポーツ講座を実施
・新入社員研修にて、同社のスポーツ振興および共生社会実現に向けた取り組みの理解促進のため「1日スポーツ講座」を開講し、ブラインドサッカー体験を通じたチームビルディング研修を実施。
③所属アスリートによる地域貢献活動
・所属アスリートによる地域貢献活動を、2018年より継続的に全国各地で実施。地方公共団体と連携し、学校での講演やパラスポーツ体験会等に所属選手を派遣し、社員がボランティアとして協力。
3.今後の展開
同社がこれまでスポーツ振興を通じて得た知見を活かし、社会・地域の皆さまや代理店・扱者、社員に元気を与える所属アスリートの頑張りや活躍を今後も支えていくことで、CSV(社会との共通価値の創造)やSDGsの実現を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、「全日本選抜柔道体重別選手権大会」で玉置桃選手が優勝

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

生保

住友生命、男子プロゴルファー蝉川泰果プロとのスポンサー契約締結

生保

T&Dホールディングス、<設立20周年記念事業>「2024マスターズ・トーナメント」への番組協賛

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】環境・生物多様性に関する事業リスク定量化アプリの開発を開始

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

かんぽ生命、一般社団法人日本車いすテニス協会のトップパートナー継続

生保

かんぽ生命、一般社団法人日本ボッチャ協会ゴールドトップパートナー継続

損保

あいおいニッセイ同和損保、パラアスリート2名が神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会の日本代表に決定

関連商品