新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、公正取引委員会による東京海上日動への立入検査でコメントを発表

東京海上ホールディングス子会社の東京海上日動は、東京都、京成電鉄株式会社、コスモエネルギーホールディングス株式会社及びコスモ石油株式会社、株式会社JERA、独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構、シャープ株式会社を保険契約者とする損害保険契約に関し、独占禁止法違反の疑いがあるとして、12月19日に、公正取引委員会による立入検査を受けた。
同社は、東京海上日動とともに、この度の事態を厳粛かつ真摯に受け止め、公正取引委員会の調査に全面的に協力していく、としている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

東京海上日動、GIGAスクール端末の適切な使用に向けたユーザー調査結果を公表

損保

東京海上ホールディングス、「TNFDレポート2024」を発行

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

損保

東京海上ホールディングス、地震キャットボンド「Kizuna Re III」を発行

生保

かんぽ生命、東東京支店元社員がつり銭を横領

損保

損保ジャパン、個人用火災総合保険(携行品損害特約)の保険料誤りが判明、順次保険料を返金

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を公開

損保

東京海上日動、業務改善計画書を提出

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

関連商品