新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、『SOMPOの森林「損保ジャパン九十九里浜の森」』植林維持活動を千葉県で実施

損保ジャパンは、千葉県との協定に基づく事業『SOMPOの森林「損保ジャパン九十九里浜の森」』の一環として、2022年11月に植林した苗木1960本の育成のため、2023年10月に千葉県内の5部支店の社員とその家族、および代理店とその家族が下草除去作業を実施した。
1.背景・経緯
千葉県は、県有林において企業・団体等の法人が行う社会貢献活動としての森林整備を「法人の森事業」として、県有林の整備を推進している。損保ジャパンは2022年3月に千葉県と協定し、2020年の東京オリンピックサーフィン競技開催地(千葉県一宮市東浪見)の海岸線の一画を「損保ジャパン九十九里浜の森」と命名して当該事業を開始した。同事業はマツクイムシの影響で甚大な被害を受けた松林の再生を目的としており、同年11月に苗木1,960本を植林した。本年は、これら苗木の成長促進のために、下草除去作業を実施した。
本事業を通じて松林の再生を図ることで、防風林の減風効果と津波被害軽減効果の向上が期待できる。また、東京オリンピックのレガシーを残すことにも寄与する。
2.開催日
2023年10月22日(日)10時から12時
3.開催場所
一宮市東浪見字川間新田下6960-1(東京オリンピックサーフィン競技開催地の海岸線)
4.実施した植林活動内容
(1)参加者
千葉県内5部支店に勤務する社員・その家族、および代理店・その家族125名
(2)下草除去作業内容
対象区画0.256ヘクタール
5.今後について
千葉県との協定に基づき2027年1月31日まで森林整備活動として、苗木の成長促進のため下草除去作業等を毎年継続的に実施していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

関連商品