新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ソニー損保、ESG投資実績の開示を開始

ソニー損保は、公式ウェブサイトでESG投資実績の開示を開始した。
ソニー損保では、ソニーフィナンシャルグループのESG投資方針に基づき、環境や社会の課題の解決を目的としたESG債への投資を通じ、資産運用面からも持続可能な社会の実現に貢献することを目指しており、2019年以降、グリーンボンドやソーシャルボンド、サステナビリティボンドなどのESG債への投資を行っている。
このたび、ソニー損保のESG投資の取組みを多くのステークホルダーの方々に伝えられるよう、「サステナビリティ」ページ内に『ESG投資の推進』と題したページを新設し、最近のESG投資の実績を開示することにした。
今回は、2022年度第4四半期のESG投資の実績と、2021年度および2022年度に実施したESG投資の種類ごとの一覧を掲載しており、今後、四半期ごとにESG投資実績を開示していく予定である。
ソニー損保では、社会から必要とされ信頼される企業であり続けられるよう、引続きESG投資をはじめとするサステナビリティの取組みをより一層推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「イオン株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施

損保

ソニー損保、「お客さま本位の業務運営方針」に基づく2023年度の取組状況を公表

損保

ソニー損保、新ネット火災保険、「丁目単位」の水災リスク細分による合理的な保険料実現と、契約手続時の建物登記情報入力の自動化による利便性向上の取組みを実施

損保

アニコム損保、ソニー損保、ペット保険商品の共同開発に向け業務提携契約を締結

損保

ソニー損保、2024年3月期決算を発表

生保

T&Dフィナンシャル生命、東日本高速道路株式会社が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

損保生保

ソニーフィナンシャルグループ各社、名刺にソニーが開発した環境に配慮した紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を導入

損保

ソニー損保「はじめてのマイカーに関する調査2024」を実施

生保

太陽生命、東急株式会社に対する「サステナビリティ・リンク・ローン」を実施

損保

ソニー損保、苦情対応マネジメントシステムの国際規格「ISO10002」適合宣言後の態勢を公表

関連商品