新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本地震再保険、SDGs債に投資

日本地震再保険は、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」への投資を決定した。
JICAは、開発途上国の持続的な社会経済発展の支援を目的としており、本投資は開発途上地域の貧困削減・持続可能な経済成長支援を後押しするという意義を有している。
同社は、今後もSDGs債への投資などを通じて社会的責任を果たしていく。
<購入したSDGs債の概要>
発行体 国際協力機構(JICA)
銘柄名 第72回国際協力機構債券(年限2年、発行額205億円、発行日2023年3月10日)
資金使途 有償資金協力事業(石炭火力発電事業への出融資を除く)
第三者評価機関 株式会社日本総合研究所
SDGs債券区分 ソーシャルボンド

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

朝日生命、KXリニューアブルエナジー1号に投資

生保

明治安田生命、新興運用会社が運用するエンゲージメントファンドに投資

生保

住友生命、ニュートン・インベストメント・パートナーズが管理・運用する日本株ファンドに投資

生保

プルデンシャル生命、グリーンボンド「日本郵船株式会社第48回無担保社債」に投資

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

関連商品