新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、地震保険料控除証明書の再発行にAI自動音声受付サービスを導入

あいおいニッセイ同和損保は、コンタクトセンター(以下、CC)で2022年8月から活用していた「ボイスボットによるAI自動音声受付サービス※1」(以下、ボイスボット受付)の対象を、2022年10月18日から地震保険料の控除証明書再発行手続きにも拡大した。
本サービスの導入により、お客さまの利便性向上および手続きの迅速化を実現する。
※1 問い合わせ入電にAIを使って自動応答し、オペレーターを介さず受付を完了できるようにする仕組み
1.背景
同社CCでは、お客さまのライフスタイルの変化に合わせ、電話による応対だけではなくチャットボットや公式HPなどを活用し、コミュニケーション手法の多様化や応対時間の短縮などを行ってきた。地震保険料控除証明書の再発行についても、公式HP経由での手続きが可能だったが、保険証券や各商品ツールに掲載されている問い合わせ窓口に直接連絡するケースが多く、電話による手続きが年間約1万件に及んでいる。電話での手続きには1件あたり約5分を要するうえ、年末調整等で再発行手続きが集中する11月はオペレーターへの接続までに一定時間がかかるケースもあり、お客さまを待たせることがあった。
今般、お客さまの利便性向上や手続きの迅速化を目的に、地震保険料の控除証明書再発行手続きにAI音声で自動化・完結することができるボイスボット受付を導入した。
2.今後の展開
ボイスボットによるAI自動音声受付サービスは、今後も対象業務を順次拡大していく予定である。ボイスボット活用によるサービス提供の拡充を通じ、さらなるお客さまの利便性向上と、一層の品質向上に努めていく。

 

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、新スマート物流を展開する「株式会社エアロネクスト」と資本業務提携

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、中継輸送専用の自動車保険を販売開始

生保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスデータと音声アラートを活用した「児童の交通事故防止」に向けた共同実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク約124万点を寄贈

関連商品