新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、「海を守る活動(アマモ場の保全・再生活動)」を開始

東京海上日動は、10月から、環境保護活動「海を守る活動(アマモ場*1の保全・再生活動)」を本格的に開始する。
*1 アマモは、波が穏やかで太陽の光が届く浅い砂地の海辺に生息する海草の一種。アマモが茂る場所を「アマモ場」と呼ぶ。
東京海上グループは、「未来世代」をステークホルダーとして明確に位置付け、持続可能な環境・社会を「未来世代」へ引き継ぐことを目指し取り組んでいる。
「海」をとりまく環境においては、様々な課題(海水温上昇、海洋酸性化、プラスチックごみ問題、酸素濃度の低下、海洋資源の減少)があるとされており、同社はこれらの課題を解決するために、環境保護活動「海を守る活動」を本格的に開始することとした。
●活動概要
10月以降、「アマモ場の保全・再生活動」を「Green Gift」プロジェクトとして取り組んでいく。
アマモは光合成等によりCO2を吸収し、枯死後に海底へ沈降し堆積物に取り込まれることで長期間炭素を深海に貯留する特徴を持ち、「大気中のCO2の吸収・固定」の効果が注目されている。また、魚類の産卵場や稚魚の成育場にもなり、「水質浄化」、「生物多様性保全」等の効果が期待されている。
・支援:東京湾(横浜)でアマモ場の保全・再生活動を行うNPO法人「海辺つくり研究会」の活動を支援する。
・環境保護活動:東京海上日動社員、代理店およびその家族等による、「アマモの種の採取(5月)」、「アマモの種まき(11月)」を行う。
・地域:東京湾(横浜)以外へも支援・活動地域を順次拡大していく。
その他、同社は、1999年より、東南アジア等でマングローブ植林を「Green Gift」プロジェクトとして実施しているが、新たに開始する「アマモ場の保全・再生活動」は、国内における活動として継続的に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、子会社の業務改善計画の進捗および改善状況を公表

損保

東京海上日動、世界銀行グループMIGA(多数国間投資保証機関)とパートナーシップ協定を締結

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

損保

東京海上日動、建設機械向けレコーダーを活用したテレマティクスサービス(Ci-REC)国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」に登録

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

損保

東京海上日動、サイバーリスク評価の高度化ならびに企業のサイバーセキュリティ強化に向けたアマゾンウェブサービス(AWS)との技術連携

損保

東京海上日動、【国内初】緊急時に代行輸送手配サービスを提供する運送保険の提供開始

関連商品