新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

セゾン自動車火災、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資

セゾン自動車火災は、国際協力機構(以下「JICA」)が、戦争・紛争地域や難民の支援に役立てるために日本で初めて発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」への投資を決定した。
JICAは、「人間の安全保障と質の高い成長の実現」の達成に向けて、アジアやアフリカ、中東、欧州等で「紛争を発生・再発させない強靭な国・社会づくり、平和な社会の実現」に重点的に取り組んでいる。
本債券で調達された資金は、JICAが行う有償資金協力事業のうち、紛争・内戦により影響を受けた(受けている)国・地域等に対する人道支援、紛争後の復興・復旧、紛争の発生・再発防止・平和の促進等を支援する新規および実施中の事業に充当される。
なお、JICAが発行する債券は、日本政府の「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針改定版」および「SDGs アクションプラン 2020」において、SDGsを達成するための具体的施策のひとつとして位置づけられている。
◆本債券の概要
・銘柄 第67回独立行政法人 国際協力機構債券
・年限 20年
・発行総額 130億円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

朝日生命、KXリニューアブルエナジー1号に投資

生保

明治安田生命、新興運用会社が運用するエンゲージメントファンドに投資

生保

住友生命、ニュートン・インベストメント・パートナーズが管理・運用する日本株ファンドに投資

損保

セゾン自動車火災、商号を「SOMPOダイレクト損保」に変更へ

生保

プルデンシャル生命、グリーンボンド「日本郵船株式会社第48回無担保社債」に投資

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

関連商品