シンニチ保険WEB

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

アクサ損保(以下、アクサダイレクト)は、耳や言葉の不自由なお客さまにもビデオ通話を通じ、安心してスムーズに各種問い合わせができるよう、2022年6月1日から「アクサダイレクト 手話通訳サービス」を開始した。
本サービスは、専用窓口から通訳オペレーターを介してビデオ通話で手話通訳サービスを利用することで、スムーズにお客さま対応窓口まで問い合わせることができるものである。同社が扱う自動車保険、バイク保険、ペット保険などの各種問い合わせや保険金の請求にも利用できる。また、手話だけでなく、筆談・文字チャットによるコミュニケーションにも対応可能である。
アクサダイレクトでは、今回導入する「アクサダイレクト 手話通訳サービス」以外にも、デジタル技術を活用した、スムーズでより分かりやすい手続きや事故受付を導入している。2021年9月には新規契約申し込み手続きや契約継続に関するウェブページ上に、チャットでの問い合わせ受付窓口を開設し、お客さまに必要な手続きを迅速にサポートしている。
また、2021年12月には同社ウェブサイト上での事故受付を動画でサポートするサービスを導入した(アニメーションでかんたん事故受付)。こちらのサービスでは、お客さまに、スマートフォン、またはパソコン画面上で動画の案内に従って事故状況を入力することで、事故連絡が完了するため、より簡単に事故報告の連絡をすることが可能となった。
アクサグループでは「すべての人々のより良い未来のために。私たちはみなさんの大切なものを守ります。」というパーパス(存在意義)のもと、デジタル技術を活用したサービスにより、より多くのお客さまに安心してお選びいただける損害保険会社を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「2022年こくみん共済coop地域貢献助成」を募集

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマの契約者向けに「長く運転を楽しむため」のコンテンツを提供

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

生保

フコクしんらい生命、会津信用金庫と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

損保

SOMPO環境財団、2022年度環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」助成先の決定

関連商品