シンニチ保険WEB

大同生命、「夏のウォーキングキャンペーン」を通じたSDGsに貢献

大同生命は、中小企業の健康経営実践支援ツール「大同生命KENCO SUPPORT PROGRAM」(以下、KSP)の利用者を対象とした「夏のウォーキングキャンペーン」(開催期間:本年6月1日~6月30日)で、「歩数に応じた寄付」を実施する。
同社では、2016年12月より中小企業における「健康経営」の普及推進活動である「DAIDO KENCOアクション」に取り組み、お客さま・代理店・同社従業員を含むKSPの利用者を対象にしたウォーキングキャンペーンを定期的に開催している。
※「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標である。
同社は創業120周年を迎えるにあたり、お客さまや社会への感謝の想いを込めて、今回のキャンペーンと連動し、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalを通じて、参加者の合計歩数8,000歩(健康的な歩数の目安)あたり、アジア・アフリカの子どもたちに給食1食分の寄付を行うこととした。
歩数に応じて学校給食をお届けする今回の取組みは、SDGsの17のゴールのうち、「すべての人に健康と福祉を」など、7つのゴール達成に貢献するものである。
今後も健康経営の推進を通じて、中小企業経営者とそこで働くすべての人々の健康に貢献するとともに、様々な社会貢献活動を通じて、サステナブルな社会の実現にも貢献していく。
1.寄付先団体の概要
団体名:特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
設立:2007年10月24日
代表理事:小暮真久氏
活動内容:食の不均衡を解消し、途上国と先進国双方の人々の健康を同時に改善することを目指す団体。先進国では健康的な食生活の推奨、途上国では給食支援・農業支援を実施。
2.KENCO SUPPORT PROGRAM(KSP)の概要
大同生命では、中小企業の「健康経営」の実践支援を目的に、2017年4月より従業員の健康リスクの把握や、ウェアラブル端末の連携による運動量・睡眠の管理機能など、「健康経営」の実践に必要なノウハウを集約した、同社オリジナルの総合支援ツールとして提供している。
3.夏のウォーキングキャンペーン(2022年度)の概要
実施期間:2022年6月1日(水)~6月30日(木)
実施内容:
健康増進を目的に、KSP利用者のお客さま・代理店および同社従業員が参加するウォーキングイベント。参加者個人・チーム単位の歩数ランキング発表やインセンティブ提供などを通じて、楽しみながら健康づくりを後押し。
寄付内容:参加者の開催期間中の歩数に応じて寄付を実施。
※合計歩数8,000歩あたり給食1食分をアジア・アフリカの子どもたちに寄付(前回2021年6月の「夏のウォーキングキャンペーン」と同実績の場合、約15万食分となる見込み)
貢献するSDGsのゴール:
1.貧困をなくそう、2.飢餓をゼロに、3.すべての人に健康と福祉を、4.質の高い教育をみんなに、10.人と国の不平等をなくそう、15.陸の豊かさも守ろう、17.パートナーシップで目標を達成しよう

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

フコクしんらい生命、会津信用金庫と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

フコクしんらい生命、鳥取信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

損保ジャパン、亀岡市と「SDGs推進に関する包括連携協定」を締結

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

損保

損保ジャパン、「SDGs・社会課題に関する意識調査」を実施

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始