シンニチ保険WEB

東京海上日動あんしん生命、2022年3月期決算を発表

東京海上日動あんしん生命は、2022年3月期決算の業績を発表した。
◆2021年度決算の概況
1.契約の状況
新契約年換算保険料は、519億円(前年度比119.8%)となった。
保有契約年換算保険料および保有契約件数は、8,108億円(前年度末比98.9%)、620万件(同102.1%)となった。
2.損益の状況
基礎利益は、前年度比36億円減益の648億円となった。
当期純利益は、同19億円増益の483億円となった。
3.総資産の状況
総資産は、前年度末から804億円減少し、9兆4,113億円(前年度末比99.2%)となった。
4.健全性の指標 保険金等の支払能力を示すソルベンシー・マージン比率は、1,128.5%と引き続き高い水準を確保しており、優れた健全性を示している。
5.その他、トピックス
新契約年換算保険料は、回払変額保険や2021年度発売した定期保険(無解約返戻金特則付加)、介護年金保険、がん治療保険の好調によって大きく伸長した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

クレディ・アグリコル生命、「2021年度決算のお知らせ」における一部を訂正

生保

第一生命、2021年度決算を一部修正

生保

FWD生命、2021年度決算概要を発表

生保

東京海上日動あんしん生命、医療保険『メディカルKitエール』等の新特約を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、「遺児への教育支援」2023年度支援対象者募集を開始

生保

マニュライフ生命、2021年度決算を発表

生保

生保各社(カーディフ生命、チューリッヒ生命、楽天生命)、2021年度決算を発表

損保

トーア再保険、2022年3月期の業績を発表

生損

東京海上日動と東京海上日動あんしん生命、トータルアシスト超保険 個人賠償責任補償特約等を生命保険とセットで引受可能に

生保

オリックス生命、2021年度決算を発表