シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、チャットボットによる携行品損害保険金請求サービスを開始

あいおいニッセイ同和損保は、携行品損害を補償する契約※1でお客さまの保険金請求手続きの簡便化と迅速な保険金支払いを目的に、2022年3月よりチャットボット※2による保険金請求サービス(以下、「チャット請求」)を開始する。
※1 携行品損害を補償する契約とは、偶然な事故(盗難・破損・火災など)により、自宅外において携行しているお客さまが所有する身の回り品(カメラ、衣類、レジャー用品等)に損害が発生した場合に保険金を支払う契約のことである。
※2 チャットボットは、「対話(chat)」と「ロボット(bot)」という二つの言葉を組み合わせたもので、会話を自動的に行うプログラムのことである。
1.導入の背景
従来、携行品補償の保険金請求手続きは、お客さまが紙の保険金請求書へ必要事項を記入し、損害物の写真や修理見積等を同封して郵送していた。そのため、書類作成や写真を印刷する等の手間が発生するとともに、郵送によって時間も要し、保険金の支払い手続きまで平均56日かかっていた。
同社では、お客さまの保険金請求手続きの利便性向上と保険金支払い所要日数短縮の新たな手段として、スマートフォンを使用しチャット対話形式で保険金請求が完結できる「チャット請求」を2019年7月から火災保険(自然災害)、自動車保険(車両)、傷害保険で順次提供しており、今般、その対象種目を携行品損害補償契約にも拡大することとした。
2.「チャット請求」の概要
「チャット請求」に同意したお客さまのスマートフォンに、お客さま専用のURLをショートメッセージで案内する。お客さまはURLにアクセスすることで、スマートフォンから24時間365日いつでも保険金請求手続きを行うことができる。
3.「チャット請求」導入の効果
(1)お客さまの利便性向上
(2)保険金支払い日数の短縮
(3)サービスセンターの業務効率化
(4)紙資源節約
4.今後の展開
本サービスの利用状況とお客さまアンケートの内容を分析し、今後もより一層快適なサービスの拡充につなげていく。また、グループ会社の三井住友海上でも同様のサービスを展開しており、グループ事業会社間でデジタルテクノロジーを活用した機能の共同利用等を検討するなど、グループ全体でお客さまの利便性向上と負荷軽減を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマの契約者向けに「長く運転を楽しむため」のコンテンツを提供

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、ダイハツと車両維持費低減と環境負荷軽減に向け共同取組み

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、8月1日付組織改編

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、災害対策支援保険を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、大規模災害時の迅速な避難を保険とアプリで支援

損保

セゾン自動車火災、NTTドコモのドライブレコーダーと連携した事故対応サービスを終了

損保

損保ジャパン、デジタル技術導入による保険契約審査事務の完全ペーパーレス処理を開始

関連商品