シンニチ保険WEB

日本地震再保険、ESG債へ投資

日本地震再保険は、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ジェンダーボンド(ソーシャルボンド)」への投資を決定した。
JICAは開発途上国の持続的な社会経済発展の支援を目的としており、今回のジェンダーボンド(ソーシャルボンド)発行により調達された資金は、開発途上国のジェンダー平等と女性のエンパワーメントを推進する事業に充当される。
同社は、持続可能な社会の形成に向けた取り組みを経営の重要課題として認識しており、今後もESG債への投資などを通じて社会的責任を果たしていく。
<購入したESG債の概要>
発行体:国際協力機構
年限:10年
発行日:2021年9月27日
発行額:10年:100億円
資金使途:OECD-DAC(経済協力開発機構開発援助委員会)のジェンダー事業分類基準に合致する有償資金協力事業
ESG評価機関:株式会社日本総合研究所
ESG債券区分:ソーシャルボンド

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日本地震再保険、2022 年 3 月期 第 2 四半期(中間期)決算の概況を発表

損保

日本地震再保険、SDGs債へ投資

生保

住友生命、アフリカ開発銀行が発行するフィード・アフリカ・ボンドへ投資

生保

第一生命、PaMeLaに対し1億円のインパクト投資

生保

第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命、GLP投資法人が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへ投資

生保

朝日生命、新潟県バイオマス発電事業へ投資

損保

東京海上日動、再生可能エネルギーファンド創設に向け新会社を設立

生保

日本生命、同社初のグリーンローン契約を締結

損保

日本地震再保険、ディスクロージャー誌「日本地震再保険の現状 2021」を発行

損保

日本地震再保険、2020年度 決算公告を発表

関連商品