シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、シンガポールのグループ会社に対するサイバー攻撃

シンガポールにあるグループ会社のTokio Marine Insurance Singapore Ltd.(以下、「TMiS」)が、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことが判明した。
TMiSでは、本件被害を把握した後、直ちにネットワークの遮断措置等を講じて被害の拡大を防止するとともに、現地行政機関・捜査当局に対して必要な報告および届出を行っている。
本件を受け同社グループでは、被害内容の特定に努めている。現時点において、お客様の情報、同社グループの機密情報等の流出は確認されていないが、情報流出の有無および範囲の特定には専門的な分析が必要なことから、引き続き、外部の専門機関を起用して調査を進めていく。なお、本件攻撃はTMiSに限定されており、同社グループの他の会社に被害・影響はない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、新市場区分「プライム市場」の選択を申請

損保

東京海上とLuupが資本業務提携し電動キックボードの安全性向上のための協業を開始

損保

東京海上ホールディングスおよび東京海上日動、「社内報アワード2021」ゴールド賞の受賞

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

東京海上ホールディングス、東京海上日動、新・本店ビル計画のコンセプトについてのコンセプトについて発表

損保

東京海上ホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

損保

東京海上ホールディングス、株式報酬制度の詳細を決定

損保

東京海上ホールディングス、「IT Japan Award 2021」特別賞を受賞

損保

東京海上ホールディングスとSAPジャパンが協業開始

損保

東京海上ホールディングス、同社子会社(BCC)とグリーンシル社との取引について発表

関連商品