シンニチ保険WEB

楽天損保、自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」の契約件数が20万件を突破

楽天損保は、7月に自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト(傷害総合保険)」の契約件数が20万件を突破したことを発表した。
自転車は、子どもから高齢者まで多くの人が利用している。自転車事故による高額化する賠償事例を背景に、2015年10月に兵庫県が全国で初めて自転車保険の加入義務化に踏み切って以来、全国的に義務化の取り組みが広がっている。この広がりは、都道府県にとどまらず、市町村単位での積極的な取り組みも見られ、自転車事故に備える自転車保険のニーズは高まっている。
楽天損保の「サイクルアシスト(傷害総合保険)」は2018年10月に販売を開始して以降、順調に契約件数を増やし、7月に契約件数20万件を突破した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

楽天損保、ゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」の契約件数が10万件を突破

損保

楽天損保、ゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」の契約件数が8万件を突破

損保

楽天損保、自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」の契約件数が15万件を突破

損保

楽天損保、賃貸住宅用入居者保険・総括契約の販売を開始

損保

楽天損保、楽天生命の対面募集代理店で損害保険商品の取扱いを開始

損保

楽天損保が財務基盤強化を目的に資本増強

損保

楽天損保、役員人事を発表 

損保

楽天損保、「楽天マイカー割」登録者を対象に「マイカー割保険」を7月29日(水)より提供開始

損保

楽天損保、株式会社センチュリー21・ジャパンと代理店業務委託を開始

損保

楽天損保、新型コロナウイルス感染症に関する各種商品改定

関連商品