シンニチ保険WEB

楽天損保、自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」の契約件数が20万件を突破

楽天損保は、7月に自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト(傷害総合保険)」の契約件数が20万件を突破したことを発表した。
自転車は、子どもから高齢者まで多くの人が利用している。自転車事故による高額化する賠償事例を背景に、2015年10月に兵庫県が全国で初めて自転車保険の加入義務化に踏み切って以来、全国的に義務化の取り組みが広がっている。この広がりは、都道府県にとどまらず、市町村単位での積極的な取り組みも見られ、自転車事故に備える自転車保険のニーズは高まっている。
楽天損保の「サイクルアシスト(傷害総合保険)」は2018年10月に販売を開始して以降、順調に契約件数を増やし、7月に契約件数20万件を突破した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

楽天損保、「ドライブアシスト(個人用自動車保険)」インターネット契約の保険料支払方法に「楽天カード」による分割払い・リボ払いを導入

損保

楽天損保、「ドライブアシスト(個人用自動車保険)」における 「楽天ポイント」の進呈率を「2倍」に拡大

生保損保

楽天損保と楽天生命、ウェブによる契約内容変更の手続きで楽天ポイントの進呈を開始

損保

楽天損保、新たにペット保険の販売を開始

損保

楽天、楽天損保、ドローンを用いた建物屋根部損害調査において5Gを活用したリアルタイム鑑定の実証実験に成功

損保

楽天損保、自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」の契約件数が25万件を突破

生損

楽天損保、楽天生命、家族登録制度を拡充

損保

楽天損保、「楽天保険の総合窓口」、楽天モバイル×保険オファーキャンペーンを開始

損保

楽天損保、2021年「ドライブアシスト(個人用自動車保険)」の新規インターネット販売件数が対前年比2.2倍の伸長を発表

損保

楽天損保、AI-OCR活用による自動車保険見積りサービス「 \パシャ!っと/ 楽らく保険見積り」を開始

関連商品