シンニチ保険WEB

三井住友海上、AIドローンとチャットボットを活用した「水災デジタル調査」導入

三井住友海上は、今年度から、大規模な水災発生時に、ドローンとAIを活用した水災調査(以下、AIドローン)とチャットボットを活用した「水災デジタル調査」を導入する。
水災デジタル調査は、AIドローンによる浸水高測定と、チャットボットを活用したお客さまからの被害状況等の申告をもとに、損害額を自動算出する仕組みである。これにより、大規模水災時にも、損害規模にかかわらず、早期に損害状況を把握できるほか、適切な保険金支払いが可能となる。
◆「水災デジタル調査」の概要
AIドローンによる浸水高測定と、チャットボットを活用したお客さまからの被害状況等の申告をもとに、損害額を自動算出する。
これまでの立会調査で確認していた建物情報・被害状況・浸水高等を、AIドローン、チャットボットによる自己申告から確認でき、大規模水災時にも迅速かつスムーズな調査が可能となる。また、その結果から支払われる保険金を自動算定するプログラムを開発し、保険金算定の大幅な短縮を実現する。
災害時に悪徳業者が絡む不正請求が社会問題化しているが、AIドローンとチャットボットによる申告を組み合わせることで、自己申告の適切性を担保する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、横浜市SDGs認証制度取得事業者向けSDGs取組サポートメニューの提供を開始

生保

SBI生命、AI電話自動応答システムとRPAを活用し生命保険料控除証明書の再発行を完全自動化

損保

三井住友海上、HDI格付けベンチマークの「問合せ窓口」「Webサポート」で最高評価の「三つ星」を獲得

損保

三井住友海上、東京2020パラリンピック競技大会マラソン女子視覚障がいクラス道下美里選手が金メダルを獲得

損保

東京海上日動、AIを活用した自動車保険における不正請求の早期検知の取組み

損保

三井住友海上、パラリンピック・トライアスロン男子視覚障がいクラスで米岡聡選手とガイドの椿浩平選手が銅メダルを獲得

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保とストライクが中小企業のM&A推進に向けて業務提携

損保

三井住友海上、自動車保険「災害時応援協定に基づく電動車等貸与時のレンタカー費用特約」を開発

損保

三井住友海上、水災時の「被災者生活再建支援サポート」の提供開始

損保

三井住友海上、スマートフォン向け無料アプリ「スマ保 災害時ナビ」に「津波浸水想定区域の表示」、「安否情報グループ登録」、「多言語対応」機能を拡充

関連商品