シンニチ保険WEB

アクサ損保、AIが提案する「補償おすすめ機能」を導入

アクサ損保は、それぞれのお客さまの潜在ニーズに応えるため、ウェブサイトでの自動車保険の見積り結果画面上で特定の補償内容をAIが提案する「補償おすすめ機能」を開発し、2020年9月より提供を開始した。
「補償おすすめ機能」は、ダイレクト型自動車保険業界初※1の機能である。特に新規のお客さまの「どのような補償内容を選ぶべきか」「他の契約者がどのような補償内容を選択しているのか」という疑問に、データに基づいて応えるため開発した。100万件以上の契約内容を含む匿名化したビッグデータと、お客さまが入力した情報をもとに、AIがリアルタイムで個別の分析を行い補償を提案することで、お客さまは従来よりも補償内容、および保険料に納得して検討することが可能となった。その結果として、導入後わずか1ヵ月で成約率5%※2向上を実現した。
※1 ダイレクト型自動車保険8社の同社比較(2021年1月現在)
※2 補償おすすめ機能を導入した2020年9月17日の前/後1ヵ月の成約率をそれぞれ算出。開始前1ヵ月の成約率を基準とし、導入後1ヵ月目の成約率の上昇率を算出。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、米国ContrastSecurity社のセキュリティソリューションを導入

生損

アクサ・ホールディングス・ジャパン、2020年度末の業績を発表

損保

アクサ損保、『子育て応援割引』を7月27日より自動車保険に業界初導入

損保

アクサ損保、本社をフルリノベーション

生保

アクサダイレクト生命、「保険相談WEBアンケート」サービスを開始

生保

大同生命、デジタルリテラシー強化に向けた「AI活用人材育成プログラム」の導入

生保損保協会・団体

アクサ・ホールディングス・ジャパン、在宅とオフィスを併用した新しい働き方「スマートワーキング」を推進

生保

アクサ生命、電子本人確認の導入によりリモートセールスのサービスを拡充

損保

アクサ損保、SBI損保と代理店委託契約を締結

生保

PGF生命、スマートフォンによる保険金請求手続きを開始

関連商品