新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本地震再保険、「ソーシャルボンド」に投資

日本地震再保険は、このたび、独立行政法人日本学生支援機構並びに東日本高速道路株式会社が発行するソーシャルボンドへの投資を決定した。
今回投資した債券は、ICMA(InternationalCapitalMarketAssociation/国際資本市場協会)が定義するソーシャルボンド原則に適合する旨、ESG評価機関からセカンドパーティー・オピニオンを取得しており、「ソーシャルボンド」として発行される。
同社は、持続可能な社会の形成に向けた取り組みを経営の重要課題として認識しており、本債券を始めとしたESG債への投資を通じて、今後も社会的責任を果たしていく。
<購入したソーシャルボンドの概要>
発行体:独立行政法人日本学生支援機構
年  限:2年
発行日:2021年2月8日
発行額:300億円
資金使途:第二種奨学金の在学中資金
ESG評価機関:ヴィジオアイリス(VigeoEiris・フランス)
発行体:東日本高速道路株式会社
年  限:7年及び10年
発行日:2021年1月29日
発行額:7年:200億円、10年:400億円
資金使途:高速道路の新設・改善、災害復旧、特定更新等
ESG評価機関:格付投資情報センター(R&I)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

共済

JA共済連、クライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

日本生命、日本政府が発行するクライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

第一生命、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債(第1回)へ投資

生保

かんぽ生命、自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorserとして署名

生保

かんぽ生命、日本国が発行するGX経済移行債へ投資

生保

住友生命、GX経済移行債「クライメート・トランジション利付国債」へ投資

生保

太陽生命とT&Dフィナンシャル生命、日本国が発行する「クライメート・トランジション利付国債(GX経済移行債)」へ投資

生保

明治安田生命、「GX経済移行債」へ投資

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

関連商品