シンニチ保険WEB

日本地震再保険、「ソーシャルボンド」に投資

日本地震再保険は、このたび、独立行政法人日本学生支援機構並びに東日本高速道路株式会社が発行するソーシャルボンドへの投資を決定した。
今回投資した債券は、ICMA(InternationalCapitalMarketAssociation/国際資本市場協会)が定義するソーシャルボンド原則に適合する旨、ESG評価機関からセカンドパーティー・オピニオンを取得しており、「ソーシャルボンド」として発行される。
同社は、持続可能な社会の形成に向けた取り組みを経営の重要課題として認識しており、本債券を始めとしたESG債への投資を通じて、今後も社会的責任を果たしていく。
<購入したソーシャルボンドの概要>
発行体:独立行政法人日本学生支援機構
年  限:2年
発行日:2021年2月8日
発行額:300億円
資金使途:第二種奨学金の在学中資金
ESG評価機関:ヴィジオアイリス(VigeoEiris・フランス)
発行体:東日本高速道路株式会社
年  限:7年及び10年
発行日:2021年1月29日
発行額:7年:200億円、10年:400億円
資金使途:高速道路の新設・改善、災害復旧、特定更新等
ESG評価機関:格付投資情報センター(R&I)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「クライメイト・アウェアネス・ボンド」に投資

生保

第一生命、タイの水産加工会社向けサステナビリティ・リンク・ローンに融資

生保

第一生命、シェアリングエネルギーへ投資

生保

明治安田生命、国際金融公社が発行するソーシャルボンドに投資

生保

第一生命、アジア開発銀行が発行するエデュケーション・ボンドに投資

生保

メディケア生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

富国生命、米州開発銀行のサステナブル・ディベロップメント・ボンドを購入

生保

明治安田生命、世界銀行が発行する「サステナブル・ディペロップメント・ボンド」へ投資

生保

第一生命 、アジア開発銀行が発行するヘルス・ボンドへの投資

生保

かんぽ生命、欧州復興開発銀行が私募形式で発行するグリーン・トランジション・ボンドに日本の投資家として初めて投資

関連商品