シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、AIを活用した書類のデジタル化に向けた取組みを開始

SOMPOホールディングスおよび損保ジャパンは、AIを活用してさまざまな書類を高解像度、高速、低コストでデジタル化※する技術を持つ米国カリフォルニアのTech企業RipcordInc.(以下「Ripcord」)と、書類のデジタル化に関する実証実験(以下「PoC」)を2020年12月に開始した。
※書類などにあるアナログ情報をコンピューターで扱うことのできる状態に変換すること(例:手書きの名簿をコンピューター上のデータに変換して検索や加除修正を簡単にできるようにすること)
1.背景・目的
あらゆる業界にデジタル化が求められている昨今、SOMPOホールディングスは2020年8月に「働き方改革推進本部」を立ち上げ、コロナ禍におけるリモートワークデジタル化の取組みを進めることで飛躍的に生産性を高め、お客さまや社会にさらなる価値を提供していくことを目指している。しかし、保険業界では、デジタル化されていない紙の書類等を必要とする業務を行っており、働き方改革推進のなかで、事務所内にある契約書類などの確認が難しい状況が発生していた。
これらを解決するための取組みの第一弾として、損保ジャパンは、2020年12月に、最新のデジタル技術を持つRipcordと共同で、企業分野商品における契約書類等のデジタル化のPoCを開始した。企業分野商品は個人分野商品に比べて定型化されていない商品が多いことから、保険設計等に必要となる確認書類が多くある。書類のデジタル化によりお客さまのニーズに即した、スピーディーな対応が可能となる。将来的に多くの情報をデジタル化していくことも視野に、PoCを進めていく。デジタル化されたデータは事前に登録されたユーザーやデバイスからのみアクセスできる安全性の高いクラウドに保存される。
2.RipcordとのPoCの概要
Ripcordが企業分野商品などの書類のホチキスを自動で外すなどの加工をし、データをクラウドにアップロードする。その後、損保ジャパンの端末などからデジタル化された書類の精度や検索のしやすさなどを検証する。
3.今後について
今回のPoCにより得られた知見・ノウハウにより、書類のデジタル化に留まらず、国内外の新しい技術を積極的に活用し、新しい働き方や仕事のやり方の改革を進め、飛躍的に生産性を向上させることで、お客さまや社会に新たな価値を創造していくことを目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、オンラインセミナー「防災・減災に向けた企業の進化と今後の10年~東日本大震災から10年これからの防災・減災サービスを考える~」の開催

生保

ソニー生命、保険金・給付金「ダイレクト請求サービス」を開始

損保

三井住友海上、ドラレコ型AI事故状況説明システム「AI’s(アイズ)」に新機能を追加

損保

損保ジャパン、新宿駅周辺防災対策協議会訓練との連携によるドローンを活用した超高層ビル街複数拠点での災害対応実証実験を実施

損保

損保ジャパン、「自動運転車向け遠隔見守りサポートアプリ」の開発と実証実験を実施

損保

損保ジャパン、人吉市スーパーシティ構想に係る公募型プロポーザル連携事業者へ選定

生保

三井住友海上あいおい生命、代理店・お客さまの請求申出にAIによる「自動音声応答サービス」を導入

生保

ソニー生命、年間約2,000万枚の紙使用量を削減

損保

損保ジャパン、アルプスアルパイン、キユーソー流通システムとの物流におけるパレット流出の課題解決に向けた共創を開始

損保

損保ジャパン、中小企業の事業承継問題解決に向けパートナーシップ契約を締結

関連商品