シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、「令和2年7月豪雨」被害に対する寄付金等の拠出

東京海上ホールディングスは、「令和2年7月豪雨」の被害者の支援を目的に、国内のグループ会社の社員、代理店、OB・OG等から寄付を募り、同社がマッチングギフト※として上乗せした総額約800万円を以下の団体に寄付する。
※企業が社員等に社会貢献を目的とする義援金等を募る際、集まった金額と同額もしくは一定額を会社が上乗せして寄付する制度
<寄付先>
●中央共同募金会(社員寄付)
令和2年7月豪雨に伴うボランティア・NPO活動サポート募金
●日本赤十字社(同社のマッチングギフト)
令和2年7月豪雨災害義援金

関連記事(保険業界ニュース)

損保

ソニー損保、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を3園に寄贈

生保

FWD富士生命、オンライントークセッションを開催

生保

住友生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行するジェンダーボンドに投資

生保

大同生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」始動

生保

太陽生命、世界アルツハイマーデーにあわせて認知症の予防に関する意識調査結果を公表

損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保

SOMPOホールディングス、介護用シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」最新モデルの改良に「FutureCareLabinJapan」が協力

生保

住友生命、Olive Union、住友生命福祉文化財団がコンサートホールで次世代型イヤホン「オリーブスマートイヤープラス」視聴の試みを共同で実施

関連商品