シンニチ保険WEB

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に20台寄贈

損保協会は、地域の防災力強化や救急医療体制の整備を目的として、軽消防自動車、高規格救急自動車を、全国に20台寄贈する。
1.寄贈の背景
・消防自動車や小型動力ポンプ等の消防資機材については、防災事業の一環として、1952年度から全国の市町村(離島除く)に、1982年度から離島に毎年寄贈している。
・救急自動車については、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の運用益を活用した自動車事故の被害者救済支援事業の一環として、1971年度から毎年寄贈している。高規格救急自動車については、1991年度から毎年寄贈している。
2.寄贈車両の仕様、累計寄贈台数、活用状況
・軽消防自動車は、軽四輪駆動車をベースとし、悪路での走行や狭い道路での消火活動に機動的に対応でき、迅速な初期消火・初期救命が可能な消防自動車である。市町村(離島を除く)に寄贈するデッキバンタイプと、離島に寄贈するトラックタイプがある。
・高規格救急自動車は、従来の救急自動車に比べ、広い車内空間を備え、救急救命士が高度な救急救命処置を十分に行うことのできる設備を備えた救急自動車である。
・今回の寄贈により、軽消防自動車含む消防資機材の累計寄贈台数は3,474台、救急自動車の累計寄贈台数は1,675台となり、あわせて5,149台がこれまで全国各地に寄贈されている。
・寄贈車両は各地域における実際の消火活動や救急救命活動のほか、平時から住民の防災意識向上のための消防訓練など、様々な用途で活用されている。
3.今年度の寄贈式典等について
・例年、各寄贈先で式典等を実施しているが、今年度は新型コロナウイルス感染症等の影響を踏まえ、実施の可否につき現在検討中である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校へベルマーク200万点を寄贈

生保

アフラック生命、小児がん支援団体へ寄付

生保

アフラック生命、高校生向け奨学金制度2020年度新規奨学生168人を決定

損保

東京海上ホールディングス、「令和2年7月豪雨」被害に対する寄付金等の拠出

生保

住友生命、障がい者活躍推進に取り組む国際活動「The Valuable 500」に加盟

共済

こくみん共済coop、マイページの利用・登録で#今できるたすけあいを開始

生保

アフラック生命、WorkCAN’s(ワ―キャンズ)企業合同ピアサポート研修を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、児童健全育成推進財団初めてのパートナーシップを締結

損保

損保ジャパン、2025年日本国際博覧会協会「道修町オフィス」会場を提供