シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、自己株式を取得

東京海上ホールディングスは、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、2019年11月19日開催の取締役会決議により、下記のとおり自己株式を取得した。
1.取得した株式の種類   同社普通株式
2.取得した株式の総数   1,252,200株
3.取得価額の総額     7,594,828,000円
4.取得期間        2020年1月1日~2020年1月31日
5.取得方法        東京証券取引所における市場買付
(参考)
1.2019年11月19日開催の取締役会における決議内容
(1)取得する株式の種類  同社普通株式
(2)取得する株式の総数  6,250,000株(上限)(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合0.9%)
(3)株式取得価額の総額  255億円(上限)
(4)自己株式の取得期間  2019年12月2日~2020年3月24日
2.上記取締役会決議に基づき、2020年1月31日までに取得した自己株式の累計
(1)取得した株式の総数  2,299,000株
(2)取得価額の総額    13,991,650,900円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、西アフリカ諸国向けのインフラ資金融資

生保

第一生命、株式運用におけるESG投資の高度化

生保

第一生命、国内生保初となるポジティブ・インパクト・ファイナンスに融資

生保

第一生命、「機関投資家協働対話フォーラム」が主宰する協働エンゲージメント・プログラムに参加

生保

住友生命、株式会社SUBARU向けのシンジケートローン「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」に参加

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況および取得を終了

生保

朝日生命、学研ホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

東京海上ホールディングス、5年連続「健康経営銘柄」に選定

生保

ソニー生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」へ投資