シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、剰余金の配当および自己株式取得を決定

東京海上ホールディングスは、2019年11月19日開催の取締役会において、普通配当に加えて、機動的な資本政策を遂行することを目的として500億円の株主還元(資本水準調整のための一時的な配当:総額245億円、自己株式取得:255億円(上限))を実施することを決議した。
■詳細:https://ssl4.eir-parts.net/doc/8766/tdnet/1772715/00.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、三菱UFJフィナンシャル・グループが発行するソーシャルボンドに投資

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、社会貢献債(ソーシャルボンド)に投資

生保

第一生命、世界初の禁煙ソーシャル・インパクト・ボンドに投資

生保

富国生命、医療機器分野のベンチャーファンドへの出資

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへに投資

損保

東京海上ホールディングス、ミャンマーでの損害保険合弁会社を営業開始

損保

東京海上ホールディングス、防災科学技術研究所と包括連携協定を締結

共済

こくみん共済 coop〈全労済〉、再生可能エネルギー・インフラファンドへ投資

損保

セゾン自動車火災、鉄道・運輸機構(JRTT)が発行する「サステナビリティボンド」への投資

損保

東京海上ホールディングス、東京海上グループの2019年度修正予想(修正純利益ベース)を下方修正