シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、剰余金の配当および自己株式取得を決定

東京海上ホールディングスは、2019年11月19日開催の取締役会において、普通配当に加えて、機動的な資本政策を遂行することを目的として500億円の株主還元(資本水準調整のための一時的な配当:総額245億円、自己株式取得:255億円(上限))を実施することを決議した。
■詳細:https://ssl4.eir-parts.net/doc/8766/tdnet/1772715/00.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、東日本旅客鉄道株式会社が発行する「サステナビリティボンド」へ投資

生保

朝日生命、独立行政法人住宅金融支援機構が発行する「グリーンボンド」へ投資

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

東京海上ホールディングス、ブラジルにおける保険合弁会社の設立(特定子会社の異動)

損保

東京海上ホールディングス、統合レポートを公表

生保

明治安田生命、トーゴ共和国向けの投資を実施

生保

大同生命、西アフリカのトーゴ政府向けの投資を実行

生保

明治安田生命、「北海道内7空港特定運営事業等」に関するシンジケート・ローンへ参加

損保

東京海上日動、国内劣後特約付社債を発行

生保

かんぽ生命、国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」へ投資