シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、剰余金の配当および自己株式取得を決定

東京海上ホールディングスは、2019年11月19日開催の取締役会において、普通配当に加えて、機動的な資本政策を遂行することを目的として500億円の株主還元(資本水準調整のための一時的な配当:総額245億円、自己株式取得:255億円(上限))を実施することを決議した。
■詳細:https://ssl4.eir-parts.net/doc/8766/tdnet/1772715/00.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、SASBの「インベスター・アドバイザリー・グループ」・「アジア太平洋WG」メンバーに任命

生保

日本生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・シティ・ボンドに投資

生保

日本生命、プライベートエクイティファンドを通じたインパクト投資を開始

損保

東京海上ホールディングス、新株予約権(株式報酬型ストックオプション)の発行内容確定

生保

太陽生命、セイコーエプソンが発行するグリーンボンドへの投資を実施

生保

第一生命、予防接種のための国際金融ファシリティが発行するワクチン債へ投資

損保

東京海上ホールディングス、新株予約権(株式報酬型ストックオプション)の割当てを決議

生保

住友生命、国際金融公社が発行するソーシャルボンドへ投資

損保

東京海上ホールディングス、小学生向け防災啓発プログラム「ぼうさい授業(水害・土砂災害編)」を創設

生保

三井住友海上あいおい生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資