シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

MS&ADホールディングスは、2019年11月19日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項を決議した。
1.取得に係る事項の内容
(1)取得対象株式の種類:同社普通株式
(2)取得する株式の総数:800万株(上限)(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.39%)
(3)株式の取得価額の総額:200億円(上限)
(4)取得期間:2019年11月20日~2020年3月24日
(参考)2019年9月30日時点の自己株式の保有状況
発行済株式総数(自己株式を除く):574,561,017株
自己株式数:18,730,737株
2.自己株式の取得を行う理由
同社は株主還元および資本政策の一環として、市場環境と資本の状況を見ながら、機動的かつ弾力的に自己株式取得を実施する方針としている。この方針を踏まえ、自己株式の取得を通じ、株主還元および資本効率の向上を図る。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADインターリスク総研、高齢者の自動車運転および運転免許証の返納に関する調査結果を公表

生保

第一生命、世界初の禁煙ソーシャル・インパクト・ボンドに投資

生保

富国生命、医療機器分野のベンチャーファンドへの出資

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへに投資

共済

こくみん共済 coop〈全労済〉、再生可能エネルギー・インフラファンドへ投資

損保

セゾン自動車火災、鉄道・運輸機構(JRTT)が発行する「サステナビリティボンド」への投資

損保

東京海上ホールディングス、剰余金の配当および自己株式取得を決定

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上における海外事業の組織再編に伴う2020年3月期第2四半期決算において特別損失を計上

損保

MS&ADホールディングス、コーポレート・ガバナンスに関する報告書を公表

損保

MS&ADホールディングス、2020年3月期第2四半期(中間期)決算を発表。