シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

MS&ADホールディングスは、2019年11月19日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項を決議した。
1.取得に係る事項の内容
(1)取得対象株式の種類:同社普通株式
(2)取得する株式の総数:800万株(上限)(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.39%)
(3)株式の取得価額の総額:200億円(上限)
(4)取得期間:2019年11月20日~2020年3月24日
(参考)2019年9月30日時点の自己株式の保有状況
発行済株式総数(自己株式を除く):574,561,017株
自己株式数:18,730,737株
2.自己株式の取得を行う理由
同社は株主還元および資本政策の一環として、市場環境と資本の状況を見ながら、機動的かつ弾力的に自己株式取得を実施する方針としている。この方針を踏まえ、自己株式の取得を通じ、株主還元および資本効率の向上を図る。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、CVC「GCVパワーリスト賞2020」のトップ100に選出

生保

太陽生命、「東京都住宅供給公社」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

朝日生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

大樹生命、アジア開発銀行が発行するヘルス・ボンドへ投資

生保

明治安田生命、スウェーデン政府の国民年金基金保有不動産会社VasakronanABが発行する「グリーンボンド」に投資

生保

第一生命、SASBの「インベスター・アドバイザリー・グループ」・「アジア太平洋WG」メンバーに任命

生保

日本生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・シティ・ボンドに投資

生保

日本生命、プライベートエクイティファンドを通じたインパクト投資を開始

生保

太陽生命、セイコーエプソンが発行するグリーンボンドへの投資を実施

損保

MS&ADホールディングス、気候変動リスク分析ベンチャーJupiterIntelligenceとのTCFD向け気候変動影響定量評価サービスを開始