シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

MS&ADホールディングスは、2019年11月19日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項を決議した。
1.取得に係る事項の内容
(1)取得対象株式の種類:同社普通株式
(2)取得する株式の総数:800万株(上限)(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.39%)
(3)株式の取得価額の総額:200億円(上限)
(4)取得期間:2019年11月20日~2020年3月24日
(参考)2019年9月30日時点の自己株式の保有状況
発行済株式総数(自己株式を除く):574,561,017株
自己株式数:18,730,737株
2.自己株式の取得を行う理由
同社は株主還元および資本政策の一環として、市場環境と資本の状況を見ながら、機動的かつ弾力的に自己株式取得を実施する方針としている。この方針を踏まえ、自己株式の取得を通じ、株主還元および資本効率の向上を図る。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、世界銀行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

損保

MS&ADホールディングス、「2030年に向けた社会変革と企業経営」シンポジウムを開催

損保

MS&ADホールディングス、気候変動に関するCDP調査において3年連続で最高評価となる「Aリスト」企業に選定

生保

ソニー生命、東日本旅客鉄道株式会社が発行する「サステナビリティボンド」へ投資

生保

朝日生命、独立行政法人住宅金融支援機構が発行する「グリーンボンド」へ投資

損保

MS&ADホールディングス、東京大学との共同研究の開始

生保

明治安田生命、トーゴ共和国向けの投資を実施

生保

大同生命、西アフリカのトーゴ政府向けの投資を実行

生保

明治安田生命、「北海道内7空港特定運営事業等」に関するシンジケート・ローンへ参加

損保

東京海上日動、国内劣後特約付社債を発行