シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランスグループ、4年連続でESG投資指数「Dow Jones Sustainability Index」に選定

MS&ADインシュアランスグループは、このたび、世界の代表的なESG投資指数である「Dow Jones Sustainability Index(以下、DJSI)」の2つの指数の構成銘柄に4年連続で選定された。
1.選定指標
「DJSI World」と「DJSI Asia Pacific」の2指標
2.選定のポイント
MS&ADインシュアランスグループでは、中期経営計画「Vision2021」において、2030年に目指す社会像を「レジリエントでサステナブルな社会」と定め、持続可能な開発目標(SDGs)を道しるべに、社会との共通価値の創造(CSV)に取り組んでいる。今回の選定においても、社会的課題の解決とCSVにつながる商品・サービスの充実やお客さま満足の向上策に加え、事業活動におけるサステナビリティ課題に配慮した取り組みを推進していることが高く評価された。
3.DJSIの概要
DJSIは、米国のS&P Dow Jones 社とESG投資分野の調査・格付け会社であるスイスのRobecoSAM社が、1999年に共同で作成したESG投資指数。企業の長期的成長と社会的課題の解決を期待する機関投資家が、投資対象企業を選ぶ際に幅広く利用されている。世界の大手企業約2,500社が「経済・環境・社会」の側面から評価され、全世界および地域別に、各業種の上位がDJSI銘柄(※)として選定される。
※全世界:DJSI World、地域別:DJSI Asia Pacific / Europe / North America など
【その他主なESG投資指数への組み入れ状況】2019年9月20日現在
MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数、MSCI日本株女性活躍指数、ECPI(R)Indice、FTSE4Good Index Series、FTSE Blossom Japan Index

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、日本取引所グループが発行するグリーン・デジタル・トラック・ボンドに投資

生保

太陽生命、「戸田建設株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、中米経済統合銀行が発行する「ソーシャルボンド」に投資

生保

かんぽ生命、国内上場株式を投資対象とした「コモンズ・インパクトファンド」へ投資

損保

日本地震再保険、SDGs債への投資

生保

ソニー生命、東海旅客鉄道株式会社が発行する「第86回無担保普通社債(社債間同順位特約付)(グリーンボンド)」に投資

関連商品