シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、自己株式を取得

東京海上ホールディングスは、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、2019年5月20日開催の取締役会決議により、下記のとおり自己株式を取得した。
1.取得した株式の種類   同社普通株式
2.取得した株式の総数   1,511,300株
3.取得価額の総額     8,394,225,000円
4.取得期間        2019年8月1日~2019年8月31日
5.取得方法        東京証券取引所における市場買付
(参考)
1.2019年5月20日開催の取締役会における決議内容
(1)取得する株式の種類   同社普通株式
(2)取得する株式の総数   6,250,000株(上限)(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合0.9%)
(3)株式取得価額の総額   250億円(上限)
(4)自己株式の取得期間   2019年6月1日~2019年9月20日
2.上記取締役会決議に基づき、2019年8月31日までに取得した自己株式の累計
(1)取得した株式の総数   4,161,700株
(2)取得価額の総額     23,185,435,000円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、ESG投融資方針を策定

生保

かんぽ生命、「SustainabilityAwarenessBond(持続可能性への認知度を高める債券)」に投資

損保

東京海上ホールディングス、AI・機械学習活用の専門人材育成プログラムを充実させ外部開放

生保

住友生命、世界銀行(国際復興開発銀行)が発行するボンドへ69億円投資

生保

第一生命、グラミン・クレディアグリコル基金を通じたマイクロ・ファイナンス向けの融資を発表

生保

第一生命、【インパクト投資】モジュラス株式会社に投資

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資

生保

第一生命、アジア開発銀行が発行するヘルス・ボンドに投資

生保

東京海上ホールディングス、東京海上日動、東京海上日動あんしん生命、新型コロナウイルス感染症拡大を受けたオンライン医療相談サービス「MedicalNote医療相談」を提供

損保

三井住友海上、大災害債「AkibareRe2020-1」をシンガポールで発行