シンニチ保険WEB

ソニー損保、事故対応サービスや保険金請求手続等の「手話・筆談サービス」提供を開始

ソニー損保は、2019年9月2日から、同社の自動車保険の事故対応サービスやロードサービス、医療保険および火災保険の保険金請求手続などにおいて利用できる「手話・筆談サービス」を開始した。
今回開始した「手話・筆談サービス」は、耳や言葉の不自由なお客様向けに、利便性の一層の向上と事故時などの不安感の低減を図ることを目的に、株式会社プラスヴォイス(以下、プラスヴォイス)(*1)が提供する手話・筆談通訳サービスを介することで、お客様と同社担当者がリアルタイムにコミュニケーションを図れるようにしたものである。
「手話・筆談サービス」は、ソニー損保の契約者や被保険者だけではなく、事故の相手方などすべての関係者が利用できるようにしているため、相互コミュニケーションが円滑になり、事故対応や保険金支払などの各種サービスの提供が一層スムーズになると考えている。
今後も、お客様に安心してソニー損保に事故解決を任せられるよう、また、保険金請求などの手続きをスムーズに行えるよう、サービスのさらなる品質向上と拡充に向け、引続き取組みを進める。
手話・筆談サービスの概要
■サービスの概要
手話や筆談の通訳を行うプラスヴォイスが提供する、通信技術を活用した手話・筆談通訳サービスを利用する。プラスヴォイスのオペレーターが、手話・筆談と音声とを相互に通訳することで、耳や言葉の不自由なお客様と同社担当者がリアルタイムにコミュニケーションを図れるようにする。
■対象商品・対象サービス
・自動車保険:事故対応サービス、ロードサービス
・医療保険:保険金請求手続
・火災保険:保険金請求手続、住まいの緊急かけつけサービス
■サービスの提供時間
9時~20時(土・日・休日も対応)
■サービス利用方法
同社ウェブサイトの専用ページからプラスヴォイスを呼び出していただくと、プラスヴォイスのオペレーターにつながる。その後、プラスヴォイスのオペレーターが同社担当者に連絡し、手話や筆談の通訳サービスを提供する。
(*1)株式会社プラスヴォイス(代表取締役社長:三浦宏之氏、本社:宮城県仙台市、URL:https://plusvoice.co.jp/)は、耳の聞こえない人の情報バリアの解消を目指し、情報通信技術を活用したコミュニケーションサポートサービスを提供している。手話・筆談サービスは、同社への業務委託により提供する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

カーディフ生命、カーディフ損保、ネット完結型”団信ウェブ申込サービスで、銀行の住宅ローンビジネスのデジタル化を支援

生保損保

アクサ・ホールディングス・ジャパン、新型コロナウイルス感染症に伴う社会的課題解決を寄付金で支援

損保

SOMPOリスクマネジメント株式会社、損保ジャパン、企業のリスク対策に資する協業先をマッチングするサービス提携を開始

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施

生保損保

チューリッヒ生命とチューリッヒ保険、新型コロナウイルス感染症対策として認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズへ600万円を寄付

生保損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、行動経済学を応用した標的型メール訓練サービスの提供を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、保険料スマホ決済サービスに「PayPay」と「クレジットカード」を新たに導入

生損

BNPパリバ・カーディフ、新型コロナウイルス感染症への対応として約366億円を拠出

生保

メットライフ生命、新型コロナウイルス感染の拡大・拡散防止に向けた支援としてマスク10万枚を寄付

損保

ソニー損保、2020年3月期決算概要を発表