シンニチ保険WEB

大同火災、那覇市へのランドセルカバーを寄贈

大同火災は、株式会社旭堂(以下旭堂)と共同で、2019年4月5日(金)、社会貢献活動の一環として、ランドセルカバー3,700枚を沖縄県那覇市に対し寄贈した。
那覇市内の登下校に不慣れな新1年生への交通安全支援と、交通安全推進活動に寄与することを目的に、2006年より継続して寄贈を行っており、今回で14回目となる。
ランドセルカバーには、新1年生の登下校を見守る目的で、旭堂のマスコットキャラクター「あさひどうくん」、大同火災のマスコットキャラクター「デイゴーマン」がプリントされている。
「この島の損保。」大同火災は、今後も、地元沖縄への交通安全の強化・推進に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

チューリッヒ・インシュランス・グループ、中野区社会福祉協議会へ390万円とマスク1万枚を寄付

生保

富国生命、フコクしんらい生命、医療機関および医療従事者に寄付を実施

生保

日本生命、「新型コロナウイルス感染症」対策に関する医療機関等への支援

生保

チューリッヒ生命、日本看護協会へマスク2万枚を寄付

生保

住友生命グループ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う寄付を実施

生保損保

アクサ・ホールディングス・ジャパン、新型コロナウイルス感染症に伴う社会的課題解決を寄付金で支援

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施

生保損保

チューリッヒ生命とチューリッヒ保険、新型コロナウイルス感染症対策として認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズへ600万円を寄付

損保

大同火災、新型コロナウイルス感染症の追加補償の改定

生損

BNPパリバ・カーディフ、新型コロナウイルス感染症への対応として約366億円を拠出