シンニチ保険WEB

大同火災、那覇市へのランドセルカバーを寄贈

大同火災は、株式会社旭堂(以下旭堂)と共同で、2019年4月5日(金)、社会貢献活動の一環として、ランドセルカバー3,700枚を沖縄県那覇市に対し寄贈した。
那覇市内の登下校に不慣れな新1年生への交通安全支援と、交通安全推進活動に寄与することを目的に、2006年より継続して寄贈を行っており、今回で14回目となる。
ランドセルカバーには、新1年生の登下校を見守る目的で、旭堂のマスコットキャラクター「あさひどうくん」、大同火災のマスコットキャラクター「デイゴーマン」がプリントされている。
「この島の損保。」大同火災は、今後も、地元沖縄への交通安全の強化・推進に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、「2030年に向けた社会変革と企業経営」シンポジウムを開催

生保

富国生命、2月12日から「すまいる・ぎゃらりー」開催

生保

富国生命、今年度も引き続き「がんばろう!ふくしま!特産品販売会」を開催

協会・団体

損保協会北陸支部、「自動運転の現状と法的課題」と題し、古笛恵子弁護士が講演

損保協会・団体

損保協会、萩市消防本部へ高規格救急車を寄贈

損保協会・団体

損保協会、岡山県交通安全協会に自転車シミュレータを寄贈

生保

明治安田生命、「次世代トップアスリート 応援プロジェクト ~めざせ世界大会~」2020年4月期募集

協会・団体

損保協会九州支部、飲酒運転撲滅にかかるパレードに参加

損保

あいおいニッセイ同和損保、障がい者の活躍推進に取り組む「The Valuable 500」に加盟

生保

プルデンシャル生命、NPO 法人「ライフベネフィット総合研究所」に社内表彰賞金 1 万ドルを寄付