シンニチ保険WEB

ライフネット生命と一般社団法人キャンサーペアレンツが「子育て世代のがん患者における教育費に関する調査」を実施

ライフネット生命は、一般社団法人キャンサーペアレンツと共同で、子育て世代のがん患者398名にアンケート調査を実施、その調査結果を取りまとめた。
本調査は、「自身ががんに罹患したことで、その後の子どもの教育計画にどのような影響が生じたのか」「子どもの今後の教育にどのような不安を持っているか」などについて、子どもをもつがん患者のためのコミュニティサービス「キャンサーペアレンツ」を運営している一般社団法人キャンサーペアレンツの協力を得て調査したもの。
調査結果のポイントは次のとおり。
■がん罹患による、子どもの教育計画への影響
~2人に1人が「がん罹患によって、子どもの教育計画に影響があった・今後ある」と回答
・がんに罹患したことが子どもの教育計画に「影響があった」22.1%
・「今後影響があると考えている」31.7%
・「影響があった/あると考えている」子どもの年齢は「13歳以上18歳以下」が最多
■がん罹患による、金銭面の工面
~民間や公的な給付だけでなく、「親」や「祖父母・親戚」など身内からのサポートも
・3人に1人が「親からの金銭的なサポートがあった」
・サポートがあった人のうち、「親から100万円以上の援助を受けた」45%
・がん罹患による「奨学金」「教育ローン」の利用は限定的

関連記事(保険業界ニュース)

生保

チューリッヒ生命、保有契約件数100万件突破

生保

FWD富士生命、リーズンホワイ株式会社に出資

生保

ライフネット生命、譲渡制限付株式報酬制度導入

生保

ライフネット生命、役員等の異動および組織改定

損保

MS&ADホールディングス、イスラエルのイノベーション組織と業務提携

共済

全労済、2019年8月、「こくみん共済」「総合医療共済」「せいめい共済」を制度改定

生保

ライフネット生命、コンタクトセンターとウェブサイトが「HDI格付けベンチマーク」3部門で最高評価三つ星を受賞

損保

損保ジャパン日本興亜、見附市における『高齢者等の見守り活動に関する協定』を締結

生保

FWD富士生命、『新がんベスト・ゴールドα』がパワーアップ

生保

メディケア生命、「おくすり保険は必要」全国の9,067名にアンケート調査を実施

関連商品