新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ライフネット生命、新たな経営方針及び中期計画策定

ライフネット生命は、新たな経営方針、2024年度から2028年度までの5年間の中期計画及びアウトカム目標を策定した。
同社は、2008年5月の開業以来、ライフネットの生命保険マニフェスト「正直に、わかりやすく、安くて、便利に。」(以下、マニフェスト)に基づき、一貫してお客さま視点に立った事業運営を行っている。
若年層を中心としたお客さまからの高い支持を得て、オンライン生保No.1に選ばれながら個人保険事業における保有契約件数は2024年3月に60万件を突破した。また、2023年度からは新たに団体信用生命保険(以下、「団信」)事業を開始するなど、事業領域を拡大させながら着実な成長を実現している。
この度、外部環境の変化等を踏まえながら、改めて同社が取り組むべき社会課題に向き合い、今後も力強い成長を実現するために、新たな経営方針及び2024年度から2028年度までの5年間の中期計画を策定し、経営方針等を通じて同社が実現したい社会をアウトカム目標として定めた。
1.新たな経営方針、中期計画の骨子及びアウトカム目標の設定
■新たな経営方針の骨子
経営理念:正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスを提供することで、お客さま一人ひとりの生き方を応援する
目指す姿:生命保険の未来をつくるオンライン生保のリーディングカンパニー大切にする
価値観:
Lifenetter Values
1.Manifesto driven お客さまを起点にする
2.Ownership 自ら動く
3.Teamwork 多様な仲間を力にする
4.Growth mindset 変わりつづける
5.Be ambitious 元気に、明るく、楽しく
「経営理念」は、マニフェストそのものであり、前経営方針から変更はない。「目指す姿」は、前経営方針期間において、オンライン生保市場のリーディングカンパニーとして市場の拡大を牽引してきたという自負のもと、改めて同社自身が生命保険の未来をつくる、という決意から更新した。「大切にする価値観」は、同社が「目指す姿」を実現するためには、人材が重要であるという考えからこの度新たに策定したものである。事業の拡大に伴い組織が大きくなることに合わせて、改めてマニフェストのもとに集まる同社役職員が大切にする価値観をLifenetter Valuesとして明示し、お客さま視点の事業運営を強固にしていく。
同社は2028年度を最終年度とする5年間の中期計画を策定した。後述する事業環境の認識を踏まえて、個人保険事業及び団信事業を一段と推進し、次の成長ステージに向かうために「Tech&Services」「Rebranding」「Embedded」の3点を重点領域として掲げる。また、人材戦略として、重点領域に注力するための組織体制移行の推進、従業員の成長と事業成長の好循環の創出、マニフェストを基軸とした組織風土の維持・強化を掲げる。
経営指標については、2023年度から国際財務報告基準(IFRS)を適用したことを背景として、前経営方針で経営指標としていたヨーロピアン・エンべディッド・バリュー(以下、EEV)から変更する。同社の企業価値を表す最も重要な指標を「包括資本(Comprehensive Equity)」とし、2028年度において2,000億円~2,400億円の到達を目指す。また、財務目標は、企業価値の持続的な成長を通じて株主・投資家の皆さまに対するリターンの向上を目指して、2028年度に株価3,000円以上、1株当たり包括資本10%程度成長を達成することを掲げる。さらに、経営目標の達成を目指すうえで、重点領域を支える人材戦略の成果を測るため、新たに人的資本に係る非財務目標を設定する。エンゲージメントスコア(総合)の継続的向上、多様性を測る指標として意思決定者に占める女性及び30代以下の割合をそれぞれ30%以上及び15%以上、成長機会を測る指標として、エンゲージメントスコア(成長)の継続的向上を掲げる。人的資本を強化し重点領域に注力することで、中期計画の目標達成を目指す。
■実現したい社会「アウトカム目標」の設定
アウトカム目標:安心して、未来世代を育てられる社会
参考指標:オンライン生保の市場浸透率、未来の生活見通し、子育てのしやすさ
2.前経営方針(2018年度~2023年度)の振返り及び事業環境の認識
■前経営方針の振返り
同社は、2018年11月に策定した前経営方針において、オンライン生保市場の高い成長可能性を認識する中で、お客さまのニーズに確実に応えるとともに、オンライン生保市場の拡大を力強く牽引するために、重点領域に「顧客体験の革新」及び「販売力の強化」を掲げ、積極的な投資を行った。個人保険事業のダイレクトビジネスにおいて、継続的なUI/UXの磨き上げに尽力するとともに、主にテレビCMを中心とした営業投資を積極的に行い、保有契約業績は大きく伸長した。また、この間、異業種のパートナー企業との提携も加速させることができた。同社がオンライン生保のリーディングカンパニーであることで、魅力的なパートナー企業に選ばれ、オンライン生保市場のさらなる拡大に繋がるという好循環モデルをつくることができたと考えている。さらに、パートナー企業であるKDDI株式会社とのグループシナジーを活かしながら、同社として新たに団信事業への参入も果たした。
これらの取組みの結果、経営目標であった「ヨーロピアン・エンべディッド・バリュー(以下、EEV)の早期の1,000億円到達」を2021年9月末に達成し、その後、目標額を2,000億円に更新した。前経営方針中には、新型コロナウイルス感染症が発生し、同社の業績は当該感染症拡大の影響を大きく受け変動を繰り返しながらも着実な成長を実現し、2024年3月末時点のEEVは146,991百万円となった。保有契約年換算保険料においては、前経営方針の開始年度末となる2019年3月末時点の13,085百万円から大きく増加し、2024年3月末時点では28,750百万円となった。個人保険事業における保有契約件数は、2019年3月末時点の308,854件から2024年3月末時点では600,945件となった。
■新たな経営方針及び中期計画策定の背景にある事業環境の認識
前経営方針の振返りを踏まえて、同社を取り巻く事業環境として、主に①オンライン生保市場の継続的な拡大とさらなる成長可能性、②若年層を起点とするテクノロジー活用の拡大、③巨大な経済圏を持つ企業のオンライン金融サービスへの参入、を認識している。
以上の事業環境の認識を踏まえて、新たな経営方針のもと中期計画の重点領域に注力し、お客さまや社会に対してより良いサービスを提供することを通じて、企業価値の継続的な向上とアウトカム目標の実現を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

イオン・アリアンツ生命、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2023年度取組結果を公表

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

生保

SBI生命、2023年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果を公表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

ライフネット生命、早稲田大学における提携講座を開講

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

損保

損保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

生保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

損保

富国生命、名古屋シミズ富国生命ビルが竣工・開業

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

関連商品