シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、インドネシア・スラウェシ島地震・津波で災害義援金

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスでは、2018年9月28日に発生したインドネシア・スラウェシ島における地震と津波により、多数の死傷者が出たほか、甚大な被害が発生したことから、被災地の人々の支援を目的にグループ各社の社員から義援金を募り、2,591名の社員から約298万円が集まった。また、災害時義援金マッチングギフト制度により、社員からの義援金に対し同額を会社が拠出することで、総額約597万円をインドネシア赤十字社、ならびに特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームへ寄付した。
また、上記金額のほか、インドネシアをはじめ、アジア地域の拠点からも義援金が寄せられ、各社のマッチングギフトを合わせて寄付を実施した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

アクサ5社とJBFA、第18回アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権を開催

損保

au損保とKDDI、授業で活用する「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」を制作

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

太陽生命、U9ジャパンカップ2019へ特別協賛

生保

住友生命、第43回こども絵画コンクール開催

損保

三井ダイレクト損保、「三井ダイレクト損保スマイル基金」の運営を変更

損保

三井ダイレクト損保、「MOTTAINAIキッズタウンTOKYO2019」に出展

損保

SOMPOホールディングス、VRを活用した「仮想型防災訓練サービス」の中国における無償提供を開始

生保

第一生命、ペルーにおける鉄道開発事業向けプロジェクトファイナンスに参加

生保

アクサ生命、東日本大震災復興支援を継続