シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、インドネシア・スラウェシ島地震・津波で災害義援金

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスでは、2018年9月28日に発生したインドネシア・スラウェシ島における地震と津波により、多数の死傷者が出たほか、甚大な被害が発生したことから、被災地の人々の支援を目的にグループ各社の社員から義援金を募り、2,591名の社員から約298万円が集まった。また、災害時義援金マッチングギフト制度により、社員からの義援金に対し同額を会社が拠出することで、総額約597万円をインドネシア赤十字社、ならびに特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームへ寄付した。
また、上記金額のほか、インドネシアをはじめ、アジア地域の拠点からも義援金が寄せられ、各社のマッチングギフトを合わせて寄付を実施した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、「水害への備えに関する調査」結果を発表

生保

住友生命、第7回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体を決定

損保

あいおいニッセイ同和損保、べルマーク200万点を被災地の学校へ寄贈

損保

損保ジャパン日本興亜、東京都の「ゼロエミッション東京」の取組みに賛同しCO2削減クレジット2万トンを寄付

生保

富国生命、奈良支社が奈良県警察本部と「安全・安心まちづくりの協力に関する協定」を締結

損保

アイペット損保、山村鉄平社長と今年度新入社員が青森県動物愛護センターでのボランティア活動に参加

生保

第一生命、東京都へクレジット(CO2超過削減量)を寄付

生保

太陽生命、『いのち輝く明るい森林(もり)づくり』を実施

生保

住友生命、「スミセイ・ミライBootCamp」を開催

生保

住友生命、「大野和士のこころふれあいコンサート2019」へ協賛