新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、「東京都防災展2018」出展ブースで「地震の備え 謎解きアトラクション」を実施

損保協会では、2018年度地震保険広報活動の一環として10月13日(土)・14日(日)の2日間、東京臨海広域防災公園で開催された「東京都防災展2018」に出展した。
出展ブースでは、地震への対策を訴求し、地震保険の重要性をアピールすることを目的に「地震の備え 謎解きアトラクション」を実施するとともに、特設WEBサイトコンテンツ「お父さんのための地震ドリル」を実際に体験できるコーナーの設置や、地震リスクや地震保険の内容等を紹介するパネル展示や映像放映を行った。
ブースの概要は次のとおりである。
●「地震の備え 謎解きアトラクション」
地震保険をテーマにした謎解きアトラクションで、参加者は謎解きミッションシートとブース内に設置されたパネルをヒントに全5問の謎を解く。設問テーマは「防災知識」と「地震保険」で、多くの方が楽しんで学んでいた。
●「お父さんのための地震ドリル」
地震保険 特設WEBサイトで8月24日から公開している「お父さんのための地震ドリル」を紹介し、実際に体験できるコーナーを設置した。地震ドリルは、防災や地震保険について気軽に学ぶことができるコンテンツで、質問に回答することで「頼れるお父さん度」を判定し、防災・危機アドバイザーの山村武彦先生からのアドバイスも確認できる。
地震保険 特設WEBサイト≪https://www.jishin-hoken.jp/≫
●地震リスクと地震保険の内容に関するパネル掲出・映像放映
地震リスクや、地震保険の内容をパネルや映像で紹介した。パネルには謎解きアトラクションで必要なヒントが隠されており、多くの人が熱心に見ていた。また、今年度作成したテレビCMも上映した。CMは、父親役を演じている原田泰造さんが、家族で行っている備蓄や防災グッズの確認だけでは「足りない」ことを呼びかけ、地震保険の必要性を訴えるストーリーとなっている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

損保協会・団体

損保協会、損害保険教育情報誌「そんぽジャーナル」第4号を発行

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

協会・団体損保

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等を公表

関連商品