新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

共栄火災、「2018野尻湖トライアスロンin信州信濃町」に協賛

共栄火災は、去る7月7日(土)・8日(日)に、長野県上水内郡信濃町の野尻湖特設会場及び周辺コースで開催された「2018野尻湖トライアスロンin信州信濃町」に協賛した。
この大会は1990年から開催されており、今年で29回目の開催となる。同社はスポーツ・文化支援活動の一環として第1回大会より協賛を続けている。
競技には、個人の部に413名、リレーの部に12チーム・36名の合計449名が参加した。豊かな自然の中で野尻湖を泳ぐスイム1.5km、バイク45km、黒姫山麓を走るラン11kmの3種目で競った。
個人総合では渡邊哲也選手(22歳、学連)が2時間23分30秒で、女子個人総合では野口まなみ選手(19歳、学連)が2時間44分15秒で、リレーの部ではアート金属工業C・E・Oチームが2時間41分48秒で優勝した。
本大会は、信濃町の多くの町民が軽食や飲料の補給所や交通整理などでボランティアとして参加するなど、信濃町の地域振興的な恒例行事としてすっかり定着している。同社はこのように地域が一体となって開催されるトライアスロンや市民マラソンなどのスポーツ・文化活動の支援に力を入れており、今後もこの種のイベントを積極的に支援していく予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

関連商品