シンニチ保険WEB

日本生命、チリでの銅鉱山向け海水淡水化プラント建設・運営プロジェクトへ融資

日本生命は、この度、三井物産およびスペインACSグループ傘下Cobra水部門Tecnicas de Desalinizacion de Aguas, S.A.社(以下「テダグア社」)が折半出資により設立した共同事業者である Caitan SpA 社(以下「カイタン社」)の推進するチリ共和国アントファガスタ州における海水淡水化プラント建設・運営プロジェクト (以下「当プロジェクト」)への約33.5百万米ドル(約36億円)のシンジケートローン(以下「当融資」)を実行した。なお、チリでのプロジェクトへの融資は同社初となり、同社はシンジケートローンの組成段階から参加する。
当プロジェクトは、南太平洋に面したプラントにて海水の淡水化により銅鉱山の操業に必要な大量の水を造り、約150キロメートルのパイプラインを通じて供給するものであり、水不足が慢性的な課題となっているチリ北部地域における安定的な銅生産の継続・拡大に貢献できると考えている。
また、当融資は、長期間にわたって魅力的な利回り獲得が期待できることに加え、チリの中心的産業である銅鉱業の発展に寄与すると考えている。
なお、同社は中期経営計画「全・進-next stage-」(2017-2020)において、4年で2兆円の成長・新規領域への投融資を目指しており、海外プロジェクトファイナンスである当融資もその一つと位置付けている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

日本生命、10月から契約貸付利率等を改定

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2022」公演開始

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、日本取引所グループが発行するグリーン・デジタル・トラック・ボンドに投資

生保

太陽生命、「戸田建設株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施