シンニチ保険WEB

三井住友海上が2月18日に「第4回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」を開催

三井住友海上は、2月18日に、本店のある東京都千代田区で「第4回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」を開催する。
「ゴミ拾い駅伝」とは、ゴミを拾いながら決められた区間を走行して襷(たすき)を繋ぐ、誰でも気軽に参加できる社会貢献イベントで、2006年から全国各地で実施されている。「三井住友海上ゴミ拾い駅伝」では、同社の駿河台ビルを中心に神田川や靖国通り沿いの計3区間を走り、ゴールまでのタイムと拾ったゴミの量で順位を競う。
当日は、同社女子陸上競技部の選手がサポーターとして参加し、走者と一緒にゴミ拾いを行うほか、ストレッチ指導やランニングに関するアドバイスを行う予定(女子陸上競技部の選手の参加有無については、変更になる可能性がある)。
■「三井住友海上ゴミ拾い駅伝」開催概要
・開催日時:2018年2月18日10:30スタート
・コース:千代田区内特設コース【3区間合計:約5.3km】
・主催:三井住友海上火災保険株式会社
・協力:NPO法人もう一つのプロジェクト
・後援:千代田区、千代田区社会福祉協議会(いずれも予定)
・会場:三井住友海上駿河台ビル前 特設会場(東京都千代田区神田駿河台3-9)
・応募資格:誰でも参加可能(小学生以下の場合は保護者の併走が必要)
・定員:30チーム(1チーム2~3名、最大90名)
・ルール:ゴミを拾いながら計3区間を走り、ゴールまでのタイムと拾ったゴミの量により最終順位を決定する。途中、クイズの正解に応じたボーナスポイントの加算もある。
・参加方法:右記のURL(http://another-project.com/msad4.html)から申し込む。

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体

損保協会、防災フェスタ2019への大分県代協の出展に協力参加

生保

大同生命、第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」に特別協賛

生保

大同生命、2019年度寄付による大学等でのオープン講座を開催

損保

MS&ADホールディングス、大学スポーツ協会(UNIVAS)とパートナーシップ契約を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、日本旅行と災害発生時における緊急配備体制に関する業務委託契約を締結

損保

ソニー損保、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を北海道の幼稚園に寄贈

生保

マニュライフ生命、療養中の子どものためのプレイルーム『マニュライフわくわくるーむ』を島根大学医学部附属病院に開設

協会・団体

損保協会、子ども向けの防災ツールを刷新

協会・団体

損保協会、原爆犠牲者慰霊碑「友愛の碑」に損保関係者が献花・参拝

損保

損保協会、福井児童クラブで教育効果性の高い「ぼうさい探検隊」を実施