シンニチ保険WEB

三井住友海上が2月18日に「第4回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」を開催

三井住友海上は、2月18日に、本店のある東京都千代田区で「第4回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」を開催する。
「ゴミ拾い駅伝」とは、ゴミを拾いながら決められた区間を走行して襷(たすき)を繋ぐ、誰でも気軽に参加できる社会貢献イベントで、2006年から全国各地で実施されている。「三井住友海上ゴミ拾い駅伝」では、同社の駿河台ビルを中心に神田川や靖国通り沿いの計3区間を走り、ゴールまでのタイムと拾ったゴミの量で順位を競う。
当日は、同社女子陸上競技部の選手がサポーターとして参加し、走者と一緒にゴミ拾いを行うほか、ストレッチ指導やランニングに関するアドバイスを行う予定(女子陸上競技部の選手の参加有無については、変更になる可能性がある)。
■「三井住友海上ゴミ拾い駅伝」開催概要
・開催日時:2018年2月18日10:30スタート
・コース:千代田区内特設コース【3区間合計:約5.3km】
・主催:三井住友海上火災保険株式会社
・協力:NPO法人もう一つのプロジェクト
・後援:千代田区、千代田区社会福祉協議会(いずれも予定)
・会場:三井住友海上駿河台ビル前 特設会場(東京都千代田区神田駿河台3-9)
・応募資格:誰でも参加可能(小学生以下の場合は保護者の併走が必要)
・定員:30チーム(1チーム2~3名、最大90名)
・ルール:ゴミを拾いながら計3区間を走り、ゴールまでのタイムと拾ったゴミの量により最終順位を決定する。途中、クイズの正解に応じたボーナスポイントの加算もある。
・参加方法:右記のURL(http://another-project.com/msad4.html)から申し込む。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、「講道館杯全日本柔道体重別選手権大会」で玉置桃選手、鍋倉那美選手が優勝

生保

アフラック生命、「令和元年台風第 19 号」の被害に対する義援金の寄贈先及び寄贈金額を決定

損保

三井住友海上、インドの持分法適用会社マックス生命とその親会社MFS社における株式の交換および一部売却の中止を決定

損保

ソニー損保の寄付による「そらべあ発電所」の設置を希望する幼稚園・保育園・こども園を募集

共済

こくみん共済、「2019年台風19号」被災者支援義援金募金を募集

生保協会・団体

生保協会、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」助成施設を決定~応募総数719施設の中より81施設を選出、総額1,400万円を助成~

生保

アフラック生命、「アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度」2020年度新規奨学生の募集を開始

損保

三井住友海上、「BEYOND FES 日本橋」に参加

損保

三井住友海上、AIを活用した新たな代理店システム「MS1 Brain」を開発

損保

三井住友海上、伊那市におけるAIを活用した乗合タクシー実証運行に参画