新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、情報発信拠点「チャレンジスクエア」を開設

 東京海上日動は、同社の本館1階を改装し、対外的な情報発信拠点「チャレンジスクエア」としてオープンする。東京海上グループにおける様々な取り組みを対外的に発信し、グループ全体の認知度を高めることを目的としている。
 大型モニターによる動画の上映や写真等の展示に加え、来場者に楽しんでもらえるようフォトスポットも設置。今後、同社が東京2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー(損害保険)として、安心・安全な大会の実現に向けて貢献し、各界の人たちとともに、アスリート・人・社会の挑戦を支えたい、という思いを対外的に発信、また様々なイベントを企画する予定。
▽施設の概要
○名称:チャレンジスクエア
○名称の由来:あらゆる挑戦を支えたい・応援したい、そして同社自身も挑戦を続けていく、という思いを込めている。
○所在地:東京都千代田区丸の内一丁目2番1号 東京海上日動ビル本館1階
○オープン日:2017年4月27日

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

生保

FWD生命、ウェルスナビの新サービスに『FWD収入保障<WEB専用>』を提供

損保

東京海上日動、サイバーリスク評価の高度化ならびに企業のサイバーセキュリティ強化に向けたアマゾンウェブサービス(AWS)との技術連携

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる2023年の評価指標の結果および取組みを公表

関連商品