シンニチ保険WEB

東京海上日動、情報発信拠点「チャレンジスクエア」を開設

 東京海上日動は、同社の本館1階を改装し、対外的な情報発信拠点「チャレンジスクエア」としてオープンする。東京海上グループにおける様々な取り組みを対外的に発信し、グループ全体の認知度を高めることを目的としている。
 大型モニターによる動画の上映や写真等の展示に加え、来場者に楽しんでもらえるようフォトスポットも設置。今後、同社が東京2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー(損害保険)として、安心・安全な大会の実現に向けて貢献し、各界の人たちとともに、アスリート・人・社会の挑戦を支えたい、という思いを対外的に発信、また様々なイベントを企画する予定。
▽施設の概要
○名称:チャレンジスクエア
○名称の由来:あらゆる挑戦を支えたい・応援したい、そして同社自身も挑戦を続けていく、という思いを込めている。
○所在地:東京都千代田区丸の内一丁目2番1号 東京海上日動ビル本館1階
○オープン日:2017年4月27日

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、第7回サステナブルファイナンス大賞「優秀賞」を受賞

損保

東京海上日動、不動産取引保険(表明保証保険)の販売開始

損保

東京海上日動、保険代理店向けデジタルマーケティングプラットフォームの提供を開始

損保

損保ジャパン、火災保険見積機能におけるお客さま体験(ユーザーエクスペリエンス)向上の取組みを実施

損保

損保ジャパン、理化学研究所を「自動車事故リスク予測AIモデル」を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、スマートウオッチ×損保「建設現場安全みまもりプラン」を提供

損保

東京海上日動、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験を実施

生保

第一生命、QOL向上サイト「ミラシル」の提供開始

損保

東京海上日動、運送事業者向けオールリスク置き配保険を販売開始

生保

富国生命、自動引受査定を導入

関連商品