新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、北見市と「高齢者等の見守り支援に関する協定」を締結

 損保ジャパン日本興亜は、北見市が官民協働で推進する「北見市高齢者等支援ネットワーク」協力企業として、相互の協力が可能な分野を推進し、高齢者等が住み慣れた地域で安心した日常生活ができるよう支援することを目的に、同市と「高齢者等の見守り支援に関する協定」を11月25日に締結した。なお、高齢者見守りに着目した北海道・道内市町村との協定としては、損保業界として初の提携となる。
 北見市は、地域包括支援センターを中心として、民生委員、医療福祉関連機関、地域住民、行政機関、趣旨に賛同する企業との連携による高齢者等の見守りと支援を行うネットワークを構築し、高齢者等の実態把握と状況に応じた総合的な支援体制づくりを推進している。損保ジャパン日本興亜は、顧客の安心・安全・健康をサポートすることを志向する保険会社として、地域と産業の安定的な繁栄と安心な暮らしを支援するノウハウを活かし、市民サービスの向上と地域の活性化に貢献するため、今回の協定となった。
 協定内容は、(1)高齢者等の自立支援、権利擁護、虐待防止等の情報共有化、連携および協力、啓発活動促進、(2)高齢者の虐待防止および虐待を受けた高齢者の保護、支援、(3)高齢者等の見守り、安否確認および孤立死予防、(4)認知症者、徘徊高齢者への支援、(5)高齢者の養護者への支援。
 損保ジャパン日本興亜は、現在、北見市に勤める社員23人が認知症サポーターとして登録しており、年度内には社員、代理店関係者で計100人以上の登録を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

生保

FWD生命、医療保険の給付金請求で診断書不要の範囲拡大など簡略化

生保

ライフネット生命、エーザイと認知症保険「be」を共同開発

生保

明治安田生命、「かんたんブレインチェック」の特許取得

損保

損保ジャパン、認知症リスクを補償する「認知症限定特約(軽度認知障害等一時金用)」の販売開始

生保

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」新たなサービスの提供を開始

生保

メットライフ生命、終身ガン保険「ガードネクスト」を発売

生保

メットライフ生命、日経主催のがん啓発セミナーに協賛

生保

朝日生命、「あんしん介護シリーズ」の累計販売件数が100万件を突破

生保

明治安田生命、函館市、函館市医師会健診検査センター、株式会社キャンサースキャンとの4者によるがん検診の新たな受診勧奨の試行実施

関連商品