新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

イーデザイン損保と、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下「NTTCom」)の2社は、1月~3月にかけ、カスタマーセンターへの問い合わせが多い自動車保険の車両入替業務をユースケースとして、生成AIを搭載したアバター(以下「バーチャルコンシェルジュ」)の精度の検証(以下「本実証実験」)を実施した。
■背景と目的
イーデザイン損保のWebサイトにおける各種手続きは、お客さまに不便をおかけすることなく自身で手続きを完結できるようデザインしている。しかし、お客さまの中にはPCやスマホ操作に不慣れな方、手続き中に不明な点が生じる方もいらっしゃり、カスタマーセンターには一定数の問い合わせがある。
そこで、多くのお客さまに不便なく手続きを完結できるような顧客体験の実現に向けて、両社は生成AIを活用した顧客接点の高度化に関する実証実験を行うこととした。
■本実証実験の内容と成果
本実証実験では2024年1月~3月の3ヶ月間にわたり、以下の観点において検証を実施した。
(1)生成AIによる対話精度
車両入替手続きに関する対話のやりとりやFAQを生成AIに組み込み、カスタマーセンターでの応対を想定した対話モデルを構築した。この際、通常の車両入替手続きに加え、主な運転者が変更となるなどイレギュラーなケースを含む5種類のシナリオを組み込んだうえで、対話の精度、応答速度などにつき評価を実施した。結果、将来的には顧客接点として商用化が可能な水準と評価し、実用化を目指して検討を進めるとの結論に至った。
(2)バーチャルコンシェルジュのデザイン
De-IdentificationLtd.の最先端動画生成AI(Creative Reality Studio)を活用して、実在の社員を基にしたバーチャルコンシェルジュを生成し、外観や動作などの評価を行った。その結果、人間としての自然な動作、応答速度などに課題は残るものの、実務における顧客接点として活用できる可能性があるとの結論に至った。
(3)安心・安全な対話の実現
悪意のある問いかけ、ハルシネーションの発生などを想定した対話を複数の生成AIに投入し、生成AI側に実装されたフィルター機能の確認を実施した。
実用化に向けては一定の効果は確認できたが、ルールベース(あらかじめ定められた内容を回答)との融合などさらなる検討が必要であるとの結論に至った。
■各社の役割
イーデザイン損保:利用シーンの定義、対話シナリオの提供、本実証実験の評価
NTTCom:本実証実験で利用するシステムの構築およびバーチャルコンシェルジュのデザインチューニング
■今後の展開
イーデザイン損保は本実証実験の結果を踏まえ、引き続き最新技術を活用した顧客体験のさらなる向上を目指す。
NTTComは本実証実験の成果をもとにNTTグループが推進するNTT版大規模言語モデル「tsuzumi」の活用も視野に入れながら、金融業界の顧客接点の強化を目指し、バーチャルコンシェルジュの高度化を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

イーデザイン損保、カスタマーサポート表彰制度優秀賞を受賞

損保

イーデザイン損保、業務委託先におけるランサムウェア被害に伴い情報漏えいのおそれ

損保

イーデザイン損保、阿部サダヲさんが新CMに出演、6月20日からWeb公開・全国でもOA予定

損保

イーデザイン損保、共創する自動車保険「&e(アンディー)」が第16回日本マーケティング大賞奨励賞を受賞

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、YouTube特別企画「保険にあれこれツッコミ隊」配信開始

損保

イーデザイン損保、お客さまの安全運転結果に応じて寄付する活動“+まち”、お客さま投票による寄付先を発表

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

関連商品