新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、建設機械向けレコーダーを活用したテレマティクスサービス(Ci-REC)国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」に登録

東京海上日動は、同社が提供する建設機械向けテレマティクスサービス(シーレック/Ci-REC)が、国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」へ登録された。
同社は、本サービスの提供を通じて建設業界におけるICTの活用を支援し、更なる建設現場の安全性や生産性の向上に貢献していく。
1..Ci-REC開発の背景
建設業界では、技能労働者の減少・高齢化やインフラの老朽化に伴う公共工事の増加等を背景に、生産性の向上が喫緊の課題となっている。こうした状況下、国土交通省が建設現場の生産性向上を目的としたi-Construction構想を推進するなど、デジタル・テクノロジーを活用したICT施工が近年注目されている。一方で、ICT建機等の導入・維持には高額なコスト負担が生じるケースも多く、建設事業者にとってICT施工を導入する際の大きな障壁となっている。
そのような中、同社は建設現場の生産性や安全性の向上に貢献するために、保険業界初となる建設機械向けレコーダーを活用したテレマティクスサービス(Ci-REC)を2022年4月より提供してきた。建設機械に生じた物的損傷等を補償する動産総合保険に特約を付帯(月額5,000円)したお客様に対して、カメラ搭載端末を貸与し、株式会社EARTHBRAINの建設業界向けIoTプラットフォームを活用する形で、建設機械向けのテレマティクスサービスをお客様に利用できる。
2.Ci-RECの「NETIS」への登録と今後について
同社は、i-Construction構想の実現に向けた、建設現場におけるICT推進をより一層支援するため、今般、Ci-RECを国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」へ登録した。
「NETIS」への登録の結果、Ci-REC付き建設機械を利用している施工者は、公共工事の工事成績評定や入札契約の総合評価方式において、最大3点の加点対象となる。
同社は、今後も保険・サービス等の提供を通じて、建設業界における課題解決に寄与できるよう、取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、デジタル技術を活用した営業端末を開発

損保

東京海上日動、新CM「信じられる、安心を。」シリーズ「わたしの担当がいる安心」篇の放送開始

損保

東京海上日動、業務委託先におけるランサムウェア被害に伴い情報漏えいのおそれ

生保

住友生命、睡眠習慣改善サービスの開発に向けた株式会社ACCELStarsへ出資

損保

東京海上日動、「ちょいのり保険(1日自動車保険)」専用LINE公式アカウントを新設

損保

東京海上日動、中小機構による「令和6年度中小企業強靱化のための事業計画策定支援等に係る業務を受託

損保

あいおいニッセイ同和損保、AIを活用した地盤と建物の地震危険度指標化プログラムを開発

損保

東京海上日動、浸水の即時把握を可能とする水災対策ソリューション「リアルタイムハザード」の提供開始

損保

SBI損保、IDOMの修理工場へ透明性向上のための鈑金工程確認システムを導入

損保

日新火災、自宅周辺の水害・地震リスク情報を手軽にチェックできる「すまいのリスクマップ」を提供開始

関連商品