新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

SBI損保は、認定NPO法人J.POSH(以下「J.POSH」)のオフィシャルサポーターとして、ピンクリボン運動を推進する。
ピンクリボン運動とは、乳がんについての正しい知識を広め、早期発見のために乳がん検査の受診が大切なことを、より多くの女性に知ってもらえるように取り組む世界規模のキャンペーンである。
J.POSHは「乳がんで悲しむ人を1人でも少なく」を念頭に、乳がんについての啓蒙活動、乳がん患者およびその家族への支援活動などを行っており、次の世代に健康で幸せな未来を残すことを目指している。SBI損保はJ.POSHの活動に賛同し、オフィシャルサポーターとしてピンクリボン運動の輪を広げていきたいと考えている。
日本では、乳がんは女性の9人に1人がかかるといわれており、女性が罹患するがんの第1位となっている。しかしながら乳がんは、定期健診とセルフチェックの習慣による早期発見および早期治療で90%以上の人が治癒する病気でもあり、数少ない「自分で気が付くことができるがん」である。
SBI損保は、損害保険会社として「万が一の際に治療費の心配をせずに最適ながん治療を受けていただけるように」と治療費補償に特化したがん保険を販売している。今回の協賛を機に、”治療をあきらめない”をコンセプトに開発したがん保険を販売する保険会社として、ピンクリボン運動の啓発活動に取り組む。
SBI損保は、ピンクリボン運動による気づきを広げることによって、女性が健康に活躍できる環境づくりと社会のダイバーシティ推進を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、SBI Ant Works AsiaのRPAを活用したAPI連携により損害調査業務の効率化を実現

生保協会・団体

生保協会、2024年度も保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動(総額2,500万円)を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「こくみん共済coop文化フェスティバル2024夏」7月20日から開幕

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

損保協会・団体

SOMPO環境財団、環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」対象者を募集

損保

SOMPO福祉財団、「住民参加型福祉活動資金助成(東日本地区)」を募集

損保協会・団体

SOMPO福祉財団、「自動車購入費助成(西日本地区)」を募集

生保

富国生命、北海道七飯養護学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」開催

損保

大同火災、令和6年台湾東部沖地震に関する救援金を寄贈

関連商品